ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

風立ちぬ・怪盗グルー=映画館=ポップコーン【エステ|コネNews123】

【スポンサーリンク】

最近立て続けに映画鑑賞をしました。 映画鑑賞と言えば、何と言ってもポップコーンですよね。

なんで映画館ではポップコーンを売っているのか? その理由は・・・


 

諸説あります。

本当にいろんな説があるので一言では言えないので それぞれ簡単に説明します。


まだ見てない方はコチラをどうぞ↓

風立ちぬ

◆怪盗グルーのミニオン危機一発

エリジウム


 

怪盗グルーを見に行った時に子供と話ししていたら ふとこんな会話になったんです。

「なんで映画館にはポップコーンが売ってるんだろう???」

いや~、これって大人目線だとあまりにも当然のこと過ぎて 疑問にも思ったことなかったんですが、 さすが子供の視点は鋭いですよね。

「何でかな~?お腹減っちゃうと映画に集中できないからかな~?」

なんて言ってみたものの、 あまり腑に落ちなかったようで、、、

「こういう時は検索でしょ! いつするの?今でしょ!

と諭され、スマホで検索をすることに(笑)

するとかなりの数の説があることがわかりました。 そしていずれも決定的ではなく、 どれもホントっぽいものばかり。

1.マイケルジャクソンの大ヒット曲「スリラー」のPVでのワンシーンから。 その内容はマイケルが映画館でデートしているシーンがあり その時にマイケルがポップコーンをパクパク食べていて、 それを日本が真似て映画館=ポップコーンが定着したという説。

2.アメリカでは映画がつまらないと物をスクリーンに投げる文化がある。 その為、スクリーンや他のお客様がけがをしたりしないように ポップコーンを館内で食べる習慣をつけさせた。

3.尿意を抑える効果があるという説。 映画館は2時間前後上映されるので途中退席することなく 映画を観賞するために効果があるということ。

4.映画館のドリンクが売れるという説。 塩っ気があり、のどが渇きやすいので飲み物をついで買いさせるための、 映画館経営サイドの営業戦略。

5.アメリカでは昔映画館の周辺には ポップコーンやさんがあることが一般的だったため、 それに倣い日本では映画館内で販売するようになったという説。

これだけ色々な説があるなんて面白いですよね。

どの説が本当なのかはさておき、  映画館=ポップコーン という図式は完全に世間一般に浸透していますね。

つまり、あって当然ということです。

たかがポップコーン、 されどポップコーン って感じです(笑)

もしも、映画館にポップコーンが無かったとしたら・・・。

なんだかさみしい気がしませんか? なんだか物足りない気がしませんか?

もしかしたら、 エステサロンに通うお客様たちの中で  「エステサロン=○○○○○」 という「あって当然」という何かがあった時に

それがもしあなたのお店に無ければ がっかりされてしまいますね。

そこで一度、エステサロンにあって当然なものとは何かを 考えることをお勧めします。

おまけに、無くても当然ってものも考えると 尚いいかもしれません。

そして、そのヒントを得るためには お客さまやエステ業界でない方などから 聞いてみるといいと思います。

エステ業界にいると、 恐らくみんな自分の業界のことがスタンダードになってしまうものです。

僕は建築業界、不動産業界を経て、エステ業界にいますが  エステ業界独特の文化や考え方や常識が多くあります。

だからこそ、 まったくエステ業界にいない方から話を聞くことで、 自分では気づかなかった 「エステサロンにあって当然のもので、自分のお店に無いもの」

が見つかるかもしれませんね。

ご参考まで(^o^)丿

ではまた!

<PS.書籍紹介> ■やめないよ (新潮新書) 日本中の誰もが知っている男、“キング・カズ”。 現在46歳で日本の最年長プロサッカー選手。30歳過ぎで引退する選手が大半 ということを考えれば、ビジネスマンに置き換えるとサッカー選手年齢は実年齢の2倍。 92歳で現役を走るカズを見ると、死ぬまで走り続けなければと思わせられる一冊。