ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

TPOに合わせて天使と悪魔の顔を使い分ける?【エステ|コネNews073】

【スポンサーリンク】

PR———————————————————————— 【レントゲン臨床発表セミナーのご案内】 ⇒http://www.esthe-connections.com/blog/?p=266 「美」を手に入れるために一番大切なのは「健康」ですね。 いくらエステにお金をつぎ込んでも・・・ タバコは吸うし暴飲暴食、睡眠不足でいつもイライラ。 運動嫌いで近くのコンビニでも車で行っちゃいま~す。 こんな不健康な方は当然ながら美しくはなれませんね(^_^)

こんな方は問題外ですが(失礼!)、 万人において健康になるために摂取したいのが「カルシウム」ですね。 実はほとんどのカルシウムは骨まで届きません。 つまり、ほとんど摂取しても意味がないものばかり。 でも・・・、 世界中で唯一「天然素材」「骨まで届く」「体に優しい」カルシウムがあります。 医学博士で整形外科医のドクターがカルシウムの重要性や どんなカルシウムなら健康障害の予防改善に役立つかを指南。 何と!人間による骨の変化をレントゲン写真で公開!

10/14(日)13:30から 復元工事完了で今話題の東京駅周辺にてセミナーが開催されます!

インナービューティーがコンセプトのサロンさんや、 健康に興味がある方など、是非ご参加ください! ⇒http://www.esthe-connections.com/blog/?p=266 ————————————————————————-PR

ご自身で「ギャップ」を意識して演出したことはありますか?

先日、ご縁があり知り合いになった整体サロンの女性店長がいます。 その店長は実質すべてを取り仕切る 会社でいうと社長のような立場の方です。

その方のギャップが凄いんです!!!


 

ギャップと一言でいうと 「何のことだぁ~」って思われますよね。

この女性店長のギャップは一言でいうと 二つのキャラクターを兼ね備えていて 相対するようなキャラクターが両方ともこの方であるということ。

少しまどろっこしいですね(笑)

元気ハツラツでエネルギッシュな時と 御しとやかで上品で癒し系な時と 別の顔があるんです。

当然誰しも、ある意味で二重人格ですよね。

でもこの方のギャップは半端じゃなかったんです(^。^)

最初の出会いは、 9月上旬に東京ビッグサイトで開催された ダイエット&ビューティーで数分間の立ち話。

その後、メールを何度かやり取りし 渋谷の喫茶店Rでお話をしたんです。

20代の颯爽と歩く姿と服装がとても華やかで、 客層がオッチャン中心の喫茶店Rでは一際輝いていました。 まさにできる若い女性といった感じです。

お互いに現在展開している事業の内容を 情報交換したり、

何かコラボができないかなどを話しているうちに 2時間くらいい話してしまいました。

基本的に長時間打合せが苦手な僕としては 時間も忘れて、ついつい話し込んでしまいました。

その打合せで感じたのは 「この方は元気ハツラツでエネルギッシュだな~」 「こういう人と話すとリズミカルに会話が弾むから、 いろいろなアイデアやコラボが出来そうだな~」 そんなことを思っていました。

そして、後日メールでお試し施術をしていただくために アポイントを取り、都内某所の整体サロンに伺いました。

そこでは、もう一つの顔を見ることに・・・。

整体サロンは一般的な店に比べると とても落ち着いた、癒し空間といった感じでした。

各ベッドはカーテンで目隠しをすることもでき、 またゆっくりアンケート記入やウェイティングができる ソファーなども用意されていました。

お店に入ると そこには先日お会いした店長がいて まったく渋谷でお会いした時とは雰囲気が違いました。

ナチュラルメイクで上下黒の施術がしやすい恰好をしていました。 しゃべり方も変わり、声のボリュームが下がりゆっくりと落ち着いたしゃべり方で 日頃の日頃の疲れも吹き飛んでしまうほど癒される雰囲気。

本当におんなじ人か???

って思ったんですけど、やっぱりおんなじ人でした(笑)

施術中に店長は面白いことを言いました。

今の私は「天使」、先日お会いした時の私は「悪魔」なんです(笑)

うまい! わかりやすい例えだ~!

元気ハツラツでエネルギッシュだった、 喫茶店Rで打合せした時を「悪魔」とは思いませんでしたが 施術をしてくれる店長はまさに「天使」でした。

僕なりに分析してみると この方はTPOにあわせて最適な自分を演出できるのだと思います。

企業間やビジネスマンとして接するときは エネルギッシュな人格に。

そして お客様を癒すときには 上品で天使のような人格に。

正直僕はこのギャップやられちゃいました(^_^)

そして、ギャップを持つことは自分を売り込むために とてもパンチ力のある武器になると痛感しました。

いかにもヤンキーといった風貌のお兄ちゃんが 電車内で「おばあちゃん、ここ座ってくださいっす。」

っていうと、メチャクチャヤンキー君の評価が高まりますよね。

いかにもいい人そうな人が席を譲っても たいして印象には残りません。

普段温厚な人が、顔を真っ赤にして怒ると 「やばい、この人が怒るなんて相当悪いことをしてしまった(+o+)」 っと思います。

でも、クレーマーの人やいつも難癖着けてくるような人が 怒っても、「またか・・・」で終わっちゃいます。

この店長に教わったことは キャラクターとしてのギャップ ふり幅を持つことで、 人間的魅力を相手に伝えることができるということ。 そしてインパクトを与えられるということです。

店長、勉強になりました! ありがとうございました!!!

ご参考まで(^^ゞ