読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

守破離が最短で自分を進化させる方法【エステ|コネNews096】

【スポンサーリンク】

先週と今週は 新しお付き合いと別れがありました・・・

新しいお付き合いは 先週お打合せさせていただいた山形県のエステサロンさんと 一年間のコンサルティング契約が結ばれたことです。

そして別れとは・・・

二か月間お世話になったスポーツクラブでの パーソナルトレーナーとのお別れでした・・・


 

実はこの二つの出会いと別れには 共通点がありました。

キーワードは・・・

守破離」です。

ビジネス系の書籍やセミナー、コンサルなんかを受けると お決まりのワードなので、耳にしたことがある方も多いかと思います。

ウィキペディアから抜粋するとこんな意味になります。


まずは師匠に言われたこと、型を「守る」ところから修行が始まる。

その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、自分に合った、 より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。

最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した型の上に立脚した個人は、 自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、 型から「離れ」て自在になることができる。


 

簡単にいうと

まずは師匠(成功者)の教えを守り習得すること。

次に師匠(成功者)からの教えを破り工夫すること。

そして師匠(成功者)の型を離れ独自のスタイルを確立すること。

こんな感じですね。

で、なんで僕が最近会った出会いと別れに 守破離が共通しているかってのを説明しますね。

まずは別れ。

こちらは一月の上旬から2か月間 僕がスポーツクラブでパーソナルトレーナーの方に 指導をしていただいたのです。

以前のメルマガでも触れましたが おなかの脂肪が気になる年頃なもので(笑) おなかをスリムにし、男らしい肉体を手に入れたいと思い 一念発起し年明けに自分へ挑戦といった感じで始めました。

その時に僕が意識したのは この守破離でいう「守」でした。

高校までは部活でサッカーをしていたので その時学んだトレーニング法はなんとなく覚えていました。

でも、その時からはかなりのブランクがあるし、 トレーニングの仕方は年々変わっていきます。

ほんと昔は、うさぎ跳びなんていう膝に超負担がかかる トレーニングを良いと信じ込みやっていた時代もあります。

そんなことを考えると やっぱりプロに習っちゃえ!

と思い、 トレーナーにお金を払い 教えを乞いました。

結果としては二カ月で 当初目標に設定した 「筋肉量の1kgアップ」「体脂肪量の1kgダウン」 はともにクリアできました。

筋肉量は2.4kgアップし、体脂肪量は1.1kgダウンできました。

効率的に筋肉をつけるために どんなメニューを行い、どれくらいの負荷にセットするか。

正直言ってトレーニングのド素人には よくわかりません。

もし、自分自信の時間を自分自身で安く評価し 「時間がかかってもお金払うのもったいないから、 筋トレの本を何冊か読んでトレーニング方法を考えよう」

と、トレーニングメニューをド素人の自分が つくるのも一つの方法です。

でも僕は 実際はどうかは別として 自分の時間を自分自身で安く評価はしたくありません。

金がかからないなら 自分の時間を消費すればいいや~、とは思えません。

本当に極貧だったときがありその時は そんなことは言ってられず 「とりあえず種銭を作らないと!」 ってのはありましたが^^;

でも今振り返ると極貧の時って 心理状態が普通じゃなかったです。

そんな時こそ「守」があれば早く脱出できたんじゃないかな~、 って思いますね。

ってことで、 「守」の効果を今回のトレーニングという 実体験で、本当に大切だと痛感しました。

先日、トレーナーとの最終回は なんとなくさみしい気持ちになりましたが、 たまにトレーナーに単発で指導を頂く予定なので しんみりせずに、一段落のあいさつをしました。


 

山形のコンサルで一年間のお付き合いが始まった エステサロンオーナーさんになぜ同じく「守破離」を感じたのか。

なんとなくわかりますよね(笑)

こちらのオーナーさんは はっきり言って、もともと売上もノウハウも体力もある会社です。

その為、うちのサポートなんかいらないんじゃないかな~、 とも思ったんですが、社長と話をするとさすがだ思わさせていただく コメントがありました。

「自力でも売り上げは取れる。 でも、第三者にご指導いただくことで、 今まで自分たちがやっていたことを振り返ることもできる。

そして、自分たちに足りなかったことも見えてくる。 その為に、ご指導を頂きたいと思いご連絡を差し上げたんです。」

このように仰っていました。

一度ご自身で「守破離」を実践されて今がある。 でも、あえてもう一度「守」を行うことで さらにパワーアップしようという考えを持たれていたんです。

頭が下がりますね(^_^)

正直言って 僕はまだまだ守破離でいえば「守」が中心のレベルです。

でもこの考え方を知っていることで いきなり「破」や「離」に行かないことができてます。

知っていてよかったなー、って思います。

天才はいます。

いわば天才は 「守」と「破」をすっ飛ばし いきなり独自の世界で超一流になってしまう特殊な人間。

でも大半は凡人です。

だからこそこの「守破離」という考え方は 私たちの参考になるのかもしれませんね(^_^)

ではまた来週!