読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

エステサロンの売上upの為のマーケティング用語

【スポンサーリンク】

コンサルティング業界やマーケティング業界・ネット業界では 当然の様に飛び交うマーケティング用語があります。

中小のエステサロンでは応用していることはあっても、 なかなか用語や組み立てに利用されていないのが現状です。

そこで、中小エステサロンでもこの考え方を導入することで、 売上アップの仕組みを簡単に作ることができます。

売上upにご興味があれば、是非お読みください!

●フロントエンド(商品) 集客商品のこと。

●アップセル フロントエンド商品のランクアップ商品。

●クロスセル 付随商品。

●バックエンド(商品) 一番売りたいもの。高額商品。

上記すべては商品そのもの、 または販売(営業)行為を言います。

これらをエステサロンの現場で組み立て、 エステシャンの必須トーク内容にするだけで、 売り上げはアップします。

個々のエステシャンの力量に頼らず、 お店(会社)としてベースを作ることができます。

ではわかりやすくマックを例に出します。 ※現時点で同じ販売をしているかはわかりません。 流れの例としてお読みください。

① 『レギュラーコーヒーSサイズ100円』

「コーヒー安いからマックに行こう!」 これがフロントエンドです。

お店にお客様を呼ぶための目玉商品のようなものですね。

② カウンターで店員さんからの一言 「プラス20円でMサイズにできますが、いかがされますか?」

これがアップセル。 フロントエンド商品のランクアップ(バージョンアップ)商品を売ること。

③ その後店員さんが、 「フライドポテトはいかがですか?」

これがクロスセル。 関連商品を売ることです。

④ そして最後に 「今はこちらのチキンタツタが期間限定で販売中です。いかがですか?」

これがバックエンド。 一番高額の商品の販売を勧めてきます。

この流れはエステサロンでも実は 売り上げを上げているサロンさんでは当然の様に行っています。

具体例を出してみますね。

① 通常価格30分10,500円の痩身マシン施術(1箇所)を、 キャンペーン価格で3,150円!

これがフロントエンド。 利益を取るためではなく、集客するための商品(メニュー)です。

② 来店されたお客様にエステシャンが 「60分にされますと2箇所施術できますがいかがいたしますか?」

これがアップセル。 時間を長くすることで施術内容をランクアップします。

③ 併せてエステシャンからこんな提案が。 「併せて遠赤ドームをご体験されてみませんか? 痩身マシンと併せて施術されることで 老廃物の排出等で痩身効果がさらに高まります。 いかがいたしますか?」

これがクロスセル。 痩身マシンに関連し、かつ併せて施術することで効果が高まる合わせ技商品。

④ コースメニューの販売。 例えば、(痩身マシン+遠赤ドーム)×24回で●●万円。

これがバックエンド。

どうですか?

売上をたたき出しているサロンさんからすると、 「うちはそんな感じでやってるよ。 フロントエンドとかビジネス用語は知らなかったけど。」

って感じではないでしょうか?

また、売り上げがあまり上がっていないサロンさんからすると、 「カウンセリング(営業)にそんな仕掛けをしていたのか」 と思われたのではないでしょか。

中には、 「おい!古屋さん。それくらい経営者として知ってるに決まってるでしょ!!! 私をなめてもらっちゃ~、困りますよ(笑)」

ってオーナーさんもいるかもしれませんね。<( )>

ということで、もしこの四つの用語が初耳だった、 って場合には意識してみることをお勧めします。

私事ですが、 最近よく打合せでタリーズコーヒーに行きます。

マック同様そこでは完全にマニュアル化していて、 コーヒーを頼むと必ずクッキーなどのお菓子を勧められます。

すべての店員さんが同じことをお客様に言います。 これはクロスセルですね。

一定の確率でクッキーを購入するお客様が出てきます。

居酒屋がランチ営業をするのは、 ランチ営業をフロントエンドとし夜の宴会コースという バックエンドを取るための戦略なんですね。

この四つの用語を知ってみると、 あらゆる商売で導入されていることがわかります。

●フロントエンド ●アップセル ●クロスセル ●バックエンド

これを意識して、 マーケティングやカウンセリングを見直してみてはいかがでしょうか。 では、ご参考まででした。