読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

メール送信時の TO CC BCC の違いって何だ?

【スポンサーリンク】

まず図1.2を見てください。

図1 15-1

図2 15-2

メールをビジネスで利用する際、 図1の内容を理解し適切に使いこなす必要があります。

図2は良く使われるメールソフト(Windows Live mail)の画面です。

こちらの宛先がTO、その下にCC、BCCがありますね。 では、それぞれ順に説明をしていきます。

①TO(宛先)

TO(宛先)には、メッセージを送る相手のアドレスを入力します。 文字通り宛先なので、あなたにメールを送っていますよということです。

TOを使う際に複数の方にTOで送ることもあります。 これはそれぞれTOを入れた人に「あなたへのメッセージです」ということになり、 また送信者が複数の人にTOで送ったということが他のTOを受けた人にも伝わります。

例)発信者(from):田中四郎⇒TO鈴木太郎、TO佐藤次郎 この場合、鈴木さんは自分(鈴木さん)と佐藤さんに対して 田中さんが同じ内容のメールを送ってきたということがわかります。

佐藤さんも同じように田中さんが自分(佐藤さん)と鈴木さんに対して 田中さんが同じ内容のメールを送ってきたということがわかります。

この複数人へのTOを利用する場合には、 本文中に●●様という表記が無いと返信する意欲が軽減するので、

上記の例では ________________________ (本文)

鈴木様 佐藤様

________________________ と本文に入れると返信をもらったり、 熟読していただける可能性が高まります。

②CC

CCは、カーボン・コピー(Carbon Copy)の略です。 使い方としては情報共有をしたい場合に使います。

企業なんかでは、上司などの管理者に必ずCCを入れ 「僕たちの業務のやり取りを見といてください」 という意味合いで使用することが頻繁にあります。

エステのオーナーであれば、複数店舗の売上報告をメールでもらう場合 「多店舗の店長にもCCで入れといて」って言ったりします。

そうすることで例えば3店舗の店長がそれぞれオーナーにTO、 多店舗の店長にCCでメールを送ることで、 他の店長は発信した店長の店舗の売上を確認することができます。

丁寧にCCを利用する場合には、 本文中にこんな感じで記入すると丁寧です。

例)発信者(from):田中四郎⇒TO鈴木太郎、CC佐藤次郎 ____________________________ (本文)

鈴木 様 (CC 佐藤様)

お世話になります。 田中です。 ・ ____________________________

BCC

BCCは、ブラインド・カーボン・コピー(Blind Carbon Copy)の略です。 BCCの特徴はTOとCCでメールをもらった人には BCCの人の存在がわからないということです。

例)発信者(from):田中四郎⇒TO鈴木太郎、CC佐藤次郎BCC渡辺三郎

この場合、TOの鈴木さんはCCで佐藤さんにもメールが届いていることは分かりますが、 BCCで渡辺さんにメールが行っていることは分かりません。

受信者が面識がない複数の相手にメールを送る場合や、 今こんなやり取りしているけど 内緒で伝えておくから見といてくれると嬉しいです。 って感じでやり取りを伝えたいときなどに使用します。

以上、参考にしていただければ幸いです。