読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

インターネットの基礎知識 2

【スポンサーリンク】

1.SEOとは

検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のこと。 ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるように ウェブページを書き換えること。 または、その技術のこと。(ウィキペディアより)

簡単にいうとグーグルやヤフーの検索窓で、 「エステ 地名」、「エステ 駅名」等で検索した際に、 上位に表示されるようにすることですね。

2. SEOの種類

SEOの種類は2つあります。

(1)内部SEO ⇒自分でSEOパワーを付ける 例えば・・・ コンテンツの充実、頻繁に更新、内部リンクetc

(2)外部SEO ⇒被リンクによってSEOパワーを高める 内部SEOでまず大切なのは信頼できるHP制作会社に制作を依頼すること。

HPを制作後は、サロンさんが自ら定期的にHPを確認し、 文章が読みやすいか、適切な写真を掲載しているか、 等をチェックし更新していく必要があります。

定期的な更新をすることで、 検索ロボットの巡回頻度が多くなりSEOに効果が期待できます。 (SEOという視点だけでなく、お客様目線で見た際にも 「動きのあるエステサロン」という認識を与え、集客効果が高まります。)

外部SEOは被リンクによってSEOパワーを高めることです。 被リンクとは自分のサイトに他のサイトからリンクを張ってもらうことです。

リンクを張ってもらうのはどんなサイトからでもいいというわけではありません。 ポイントは2つあり、 1つは自社サイトと関連性があるサイトからリンクをもらうということ。

自社サイトがエステサロンだとすると、 例えば「出会い系サイト」や「ギャンブルサイト」など 、まったく関連性がないサイトからリンクを得ても効果は薄くなります。

むしろグーグルは常に進化をしているので 「このリンクは関連性がないなぁ~、なんか不正にリンク張ってるのか?」 と思われる可能性すらあります。

ですので、関連性があるサイトとのリンクをしていきましょう。 エステサロンであれば、エステ関連企業、エステ関連メーカーなど。 地元の店舗等はエステには直接関連がありませんが、 地域つながりで効果はあります。 もう一つはSEOパワーのあるサイトです。 SEOパワーが強いサイトからリンクをしてもらうことが効果的です。 パワーの強さの目安を知る手段としてはグーグルページランクがあります。 http://pagerank.bookstudio.com/

僕はたびたびエステ系のポータルサイトへの登録をサロンさんに勧めています。 何故かというと、ポータルサイトは大量に相互リンクをしているので、 グーグルダンクが高いサイトが多くあります。

そして同じ「エステ」つながりでグーグルからの評価も得られると考えられます。 無料のものから有料のものまで、 多くのサイトがありますので登録されることをお勧めします。

3.SEO業者さんは慎重にお選びください。

エステサロンさにはよくSEO業者さんから テレアポやメール営業を受けることがあると思ます。 SEO業者さんが悪いということは全くありませんが、 まず次のことを知っておいてください。

「昔は被リンクをたくさん得れば上位表示された」⇒「今はコンテンツが最重要」 SEO業者さんは基本的に「被リンクを大量に供給する」ことにより 上位表示をするようにします。

結構、「完全成功報酬」が流行っているので、 「上位に表示されなければ費用は掛かりませんよ」という業者さんもあります。

これはサロンさんにとってはすごく魅力的だと思います。 ただ一つ気を付けていただきたいことは、 「グーグルから干される可能性がある」ということです。

つまり、グーグルの検索結果に出ないようにはじかれてしまう 可能性があるということです。

グーグルは頭が良いので、 SEO業者さんが行う被リンクの大量供給を不審に思う可能性があります。

「このサイトは何でこんな短期間に100も1000も5000も 被リンクが急に増えたんだ?なんか不正してるのか?」

といった具合です。

契約書には「グーグルにはじかれた場合はごめんなさい」 という趣旨の内容が書かれているかもしれませんので、 よく話を聞いてみてください。

僕のお勧めはSEOを強化したいのであればページを増やすことです。

ページを増やしコンテンツを充実させることで SEO強化+訪問者(エステ客候補者)により良く多い情報を提供できるので、 集客力アップが期待できます。

SEO対策に月額3万円~5万円程度を払っているのであれば、 是非ホームページのページ数を増やしてみてください。