読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

インターネットの基礎知識

【スポンサーリンク】

1.Googleとは?

グーグルは世界で最も人気のある検索エンジンです。 海外ではグーグルのシェアが優勢ですが、 日本ではまだヤフーのシャアが高くなっています。

日本国内では2012年12月4日現在、 ヤフージャパンが53.2%、グーグルが40.8%(ジーエープロの調べ)。

つまりまだヤフーの方が使われている検索エンジンということですね。

でも企業やビジネスマンはグーグルを使う方が圧倒的に多いです。 理由はいろいろと考えられますが、 Gmailの商用利用が一般的になっているということが挙げられます。

またグーグルは機能が充実していて例えば 「YouTube」 「グーグルアース」 「アラート」 「グーグルアナリティクス」 「トレンド」等

仕事で利用するのにはかなり重宝する機能がたくさんあるからです。

現在ではヤフーが検索エンジンシステムの開発を終了し、 グーグルの検索エンジンに移行しています。

つまり、今まではヤフーとグーグルの検索結果が違ったのですが、 完全に移行が終わると、グーグルの検索結果=ヤフーの検索結果となります。

ということは、仕事をする人、エステサロンオーナーであれば もしグーグルを使っていないのであれば、 今のうちにグーグルユーザーにシフトしておいた方が良いということですね。

グーグルのアカウントを取得することで様々なサービスを利用することができます。

2. Googleトレンド

具体的にサロンの現場で戦略を考える際に役立つ方法をご案内します。 エステサロンの年間イベントを考える際に役に立つのが「Googleトレンド」です。 トレンドは「検索ボリュームのマックスを100とし、それぞれの期間での検索ボリュームを棒グラフにして表現したもの」です。

http://www.google.co.jp/trends/ 10-1

(トレンド「痩身」2012年)

こちらの棒グラフは今年「痩身」と検索されたボリュームを表しています。 1番の山が7月中旬、2番が8月上旬、3番が10月下旬、 4番が3月中旬となっています。

これを見たときに痩身をメニューとして扱っているサロンさんであれば、 「7月中旬がマックスっていうのは遅くないか?」 と思うかもしれません。

単年度だけ見ると突発的な出来事などにより イレギュラーな傾向が出ることが良くあります。

そこでこのように考えます。 「去年とおととしはどうだったのかな?」 10-2

(トレンド「痩身」2011年)

2011年の「痩身」の検索ボリュームのマックスは5月下旬となっています。 1番の山が5月下旬、2番が6月上旬、3番が10月中旬、4番が12月中旬となっています。

「大体こんな感じだよね」と思った方も多いのでは。 また「もう少し後、6月中旬くらいだと思ってたけど」 と言いう人もいるかもしれません。

ということで、その前の年も見てみましょう。 10-3 (トレンド「痩身」2010年)

2011年とほぼ同じ時期でやはり 5月下旬が「痩身」と検索されたボリュームがマックスでした。

1番の山が5月下旬、2番が8月上旬、3番が10月下旬、4番が4月中旬となっていま この三年間を分析することで例えばこんな仮説を立てることができます。

1.エンドユーザーが年間で一番「痩せたい」と思い始めるのは5月下旬 2.2012年はイレギュラーで7月中旬が「痩身」の検索が多かった。 3.夏本番を7月中旬(東京で想定)とすると、約1.5か月で結果(痩身)を期待している。 4.10/中~下も痩身ニーズが高まるポイントとなっている。

痩身メニューのキャンペーンや新しい機械の導入などのタイミング、 つまり年間での最大の山場を決める時のタイミングを決めることができます。

このように経験値や感覚ではなく、 分析により戦略を考えることができます。

今回の検索結果サンプルは「日本」での結果ですが、 「東京」や「北海道」など地域でセグメントをして調べることもできます。

その際に地域によってはボリュームが足りずグラフが出てこない場合があります。 その場合は、「日本」や近くの地域で検索し、 多少季節の推移をずらしてタイミングを想定することができます。

このように、グーグルにはエステサロン商売繁盛に役立つツールがありますので 利用しないてはありません。

もちろん最終的には経験値や勘での勝負だとは思いますが、 データの活用で成功率を高める可能性をアップさせたり、 勝ちパターンを見つける時間短縮・コスト削減を可能にできます。

試に色々といじってみてください。⇒http://www.google.co.jp/trends/