読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

エステサロンの集客方法

【スポンサーリンク】

口コミが突出!

財団法人エステティック研究財団が平成12年に調査した結果では 「口コミ」による集客が突出していました。

図2-1

約12年前の調査結果の為、 インターネットの集客効果は当時の数倍あると推測されますが、 サンプル数が5千店舗以上と多いため参考にはなると思います。

※%は複数回答による算出です。

法人・個人ともに口コミ法人80.7%・個人が94.0%と集客ルート(認知経路)で トップとなっています。 個人のほうがより口コミ傾向が高くなっています。 法人の傾向としてはやはり資本力宣伝広告費)が必要な媒体が多くなっています。 「新聞雑誌」「チラシ」「TVラジオ」という比較的広域に告知する 媒体からの集客にも成功しているといえます。

またさまざまな媒体での片寄が個人に比べて小さいことも特徴としてあげられます。 まさに法人は効率よくメディアミックス (さまざまな広告媒体を組み合わせることで、お互いの弱点を補う広告手法) を成功させているといって良いでしょう。

図2-2

※約12年前のデータです。現在と傾向の相違はあると思いますが、 サンプル数が多いデータの為、利用しています。

個人の傾向としては口コミに依存し他の集客ルートが弱いことが如実に表れています。 ここから推測される懸念事項としては、個人(施術者)にお客様がついてしまい、 担当者が変わると関係が終わってしまうことです。

当然エステシャンとお客様との相性はありますが、 個人オーナーさんが一人で一生涯プレイヤーとして運営をされるのであれば 何ら問題ありません。

しかし、エステシャンを育てたり、規模や店舗を拡大される場合には 非常にネックになってしまうので注意が必要ですね。 併せてインターネット経由が13.2%と低いです。

12年前の調査なので現在では格段にネット経由が上がっており、 ネット+口コミが集客の中心という個人サロンさんも多いです。

まずはネットサーフィンで他のサロンHPを見て情報収集することをお勧めします。 法人・個人ともに意外だったのが「電話帳広告」。タウンページ掲載です。 両者とも40%を超える高い効果が出ているので、 試に有料枠を掲載してもよいかもしれません。