ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

宮崎駿(スタジオジブリ)が思う『風立ちぬ』【エステ|コネNews113】

【スポンサーリンク】

先日、ラジオとTVで面白い発見があったんです。

発信者と受信者の認識の乖離です。 簡単にいうと、立場が変わると感じ方も違うよね~ ってことなんですが・・・

プロフェッショナル 仕事の流儀スペシャル 宮崎 駿の仕事 [DVD]

 

7/14にTBSラジオを聞いていたんです。 全国こども電話相談室・リアル!http://www.tbsradio.jp/kodomoreal/index.html

小中生がいじめ、体罰、家庭の悩みなど さまざまな相談を山本シュウ氏に相談するという番組です。

普段は結構シリアスな相談が多いのですが、 たまたま7/14はスタジオジブリの『風立ちぬ』が近日公開になるため、 ジブリ作品についてのトークが中心でした。

スタジオには山本シュウ氏を中心に 中学生のメンバーが数人いて、質問に回答したり スタジオ内で会話をするような場面も多々見られました。

その中である女の子が言った言葉がとても印象的でした。 ※記憶ベースの為、多少の誤りがある可能性があります。

「ポニョとかのアニメだからできる世界(ファンタジー系)は好きなんですが、 コクリコ坂みたいなドラマみたいな(リアルな世界)はあんまり好きじゃない。」

って言ったんですね。

確かに実写版でできるような内容よりも ジブリ作品はファンタジー系が中心なので そのように思うんだな~、と思ってしまいました。

そして翌日。。。

7/15にNHK宮崎駿が出るということで気になってみてみたんです。 聞き手のアナウンサーの方が色々と質問をする中で、 先ほど話に出したラジオの女の子の意見とリンクするような内容がありました。

主旨は「何でファンタジー系でないのか?」

というものです。

興味深く聞いていると 宮崎氏はこんなことを言ったんです。

「“時代”です。  今はファンタジーの時代ではないんです。」

んんっ!?

魔女の宅急便の頃はバブルだったので ファンタジーがOKだった。

でも今の時代は、ファンタジーがマッチしないんです。 という内容でした。

現役女子中学生の中にはファンタジーが良いって子もいるんじゃん!? と思いながら聞いていたんですが、 制作者本人は「時代じゃない」との認識だったんです。

そこで観客動員数を見てみると 1位は千と千尋の神隠し(2350万人)2001年 2位はハウルの動く城(1500万人)2004年 3位はもののけ姫(1420万人)1997年

8位にコクリコ坂から(355万人)2011年

これを見る限り 動員数という視点から見れば非ファンタジー系のコクリコ坂からジブリの中では外した感があります。

そう考えると もしかしたらですが、 宮崎駿が考えている時代とターゲットとなる中高生との認識にずれがあるんじゃないか?

って思うんですよね。 ふた開けてみないとわかりませんが。

これって、仮に外れた想定でいくと 売り手が望まないものを買い手に提供しちゃうって感じ ですよね。

それともう一つの視点としては 常に時代を見て、新しい取り組みをするということの重要性です。

今までの流れで見ればファンタジー系が動員数上位を占める中、 維持・継続をせずに、あえて素人から見ると望まれているものと 逆の作品を世に出すというアグレッシブさですね。

それを御年72歳の高齢者がやっちゃうってのが素晴らしいですよね。

NHKでアナウンサーがスタッフに質問の指示を受けて 思わず「えっ、これ言うの?」って言っちゃった場面があったんです。

それはこんな質問、、、

「宮崎さんはこの作品を遺作と考えられていたのですか?」

宮崎駿は淡々と答えました。  「いつもどの作品でも、最後の作品というつもりで作っています。」

こういう高齢者を見ると本当に背中を押されますね。

・売り手と買い手とのギャップ。 ・ 年齢を重ねても維持継続に甘んじない。

こんなことを宮﨑 駿さんをきっかけに考えさせられました。

そう考えてみると 儲かっているエステサロンさんは、常に新しいことをしているな(笑)

ではまた。

<PS.書籍紹介> ■「空腹」が人を健康にする 南雲吉則 (著) お腹が空くことで体から様々な作用が働き 若々しくなれる。そして痩せることができる。 一時はマスコミに引っ張りだこだった南雲医師の耳を疑うような健康法です。

その健康法では「早死に」する! 高須 克弥(著) 南雲医師の書籍を読んですぐに読んだので高須医師の主張が理解しやすかったです。 明らかに南雲医師が唱えたダイエット法を真っ向から否定し、 ポッチャリが一番長生きできることを説いています。 ビールもコーヒーも一日三食もお風呂もみんなOK。僕は高須先生の方を支持しますね~。