ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

サロン発展の秘訣?アンテナを立てて生活してるか【エステ|コネNews030】

【スポンサーリンク】

オーナーさん、おはようございます!

エステティックサロン応援企業~ コネクションズ http://esthe-connections.com の古屋亮です!

「あの人はアンテナが高いよね!」 とか

「あなたは何でそんなにアンテナが高いんですか?」 など

いろいろな物事に興味を持ち情報を収集できる人のたとえとして

「アンテナ」

を使いますね。

僕も常に「アンテナを高くしよう!」と心がけています。

ですので、仕事と全く関係ないこともします。

・仕事と関係ない本を読む ・仕事と関係ない場所に行く ・仕事と関係ない人と会う などなど。

その一環で、 12/9(金)に東京モーターショーに行ってきたので、 お伝えいたします!


【お知らせ】 フェイスブックのユーザーネーム(ユニークURL)を取得しました! 古屋亮 http://www.facebook.com/furuya.ryo コネクションズ合同会社 http://www.facebook.com/e.conne

お友達になりましょう! いいね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎アンテナ立ってますか?!「エステと関係のない場所」に行こう!

久しぶりにモーターショーに行ってきました。

久しぶりということもあり、いろいろな発見がありました!

数年ぶりに訪れた土地で

「こんなビル建ったの?」 「以前は活気があった商店街だったのに…」 「若い人が増えた気がするな~」 など感じるのと近い感覚だと思います。

おそらく6年ぶりだと思います。

それまでは、車好きの友達と20才位から毎回行ってたんですけど、

最近は、出店メーカーの減少などもあり

「行かなくても、いいか」

って感じで、顔を出していませんでした。

今回は、今までの開催場所であった「幕張メッセ」から「東京ビッグサイト」に 変わりアクセスも良くなったこともあり、

「久しぶりに行ってみよう!」

ということで、友達を誘い、

そして調整不可ということで断られ…、一人で行ってきました(笑)


久しぶりのモーターショーに行って、 いろいろ発見や感じたことがありました。

・統計調査以外の肌感覚の重要性 ・業界を超えた戦略 ・生き残るためには手段を選ばない企業姿勢

など…、です。 中でも強く感じたのは、 「エステと関係のない場所」に行くべきだ! ということでした。


昨今、若者の車離れが話題になることがありますね。 ・車に興味がない ・移動手段としては公共機関の方が有効だという認識 ・経済的に所有することが難しい

などが理由の様です。

もちろん車が無くても何ら問題なく生活できる都心部と 車社会の地域とでは認識は全然違うと思います。

一昔前は、 「18歳になったら、免許を取って彼女とデートしたい!」 と考える男子が多かったものですが、

昨今はその発想は少数派の様です。

そんな時代背景の中、モーターショーに行って感じたことは

「えっ、こんなに若者が来てるの?」ってことです。

あくまでも印象の話です。

明らかに見た目が、高校生・大学生・20代前半位の人が

たくさんいました。

911(ポルシェ)のシルエットは本当に美しいね」 「ベンツの重厚感は別格だね」 「どのメーカーもEV(電気自動車)にシフトしているね」 など、車が好きなんだろうなー と思わせる会話で盛り上がっていました。

中には、 「あの女の子かわいくねー!」 「あのオッチャンの撮影が終わったら、俺たちも頼もうぜ!」

など、若手のメンズらしい会話も聞こえてきました(笑)

そういえば、ここだけの話、 僕も20代の頃は友達と順番で、 キャンギャルと写真を撮ったこともありました(笑)

統計的には自動車ニーズが減っていますが、

ニッチというか必ず一定割合で 「車が好きな人・ないと困る人」がいるってことを感じました。

エステサロンに置き換えると

時代背景としては、 ・不況によりエンドユーザーの可処分所得が年々減少 ・価格競争の激化 ・業界規模の減少傾向 という、状況です。

つまり、簡単に儲かる業界ではないということですね。

まあ、現在日本では簡単に儲かる業界はほとんどないと思いますが。

この傾向は、自動車業界における相対的なニーズの減少傾向と似ていますね。

でもそう考えると エステ業界においても 必ず一定割合で 「エステが好きな人・エステがないと困る人」がいるってことですよね!


この不景気の中でも、 毎年売上をアップしているサロンさんもあれば、 市況を理由に売上が上がらないことを当然とするサロンさんもいます。

この違いはなんなのか?

ふとモーターショーの現場で考えました。

そこで 理由(傾向)は2つあるんじゃないか? と結論に行きつきました。

一つは「アンテナを高く伸ばす」 もう一つは「時間を作る」

ということです。

私の仕事は、 エステサロンさんが独自にすることが困難なサービスや、 知らない情報の提供をするなどをし、 サロンさんの商売繁盛に貢献すること。

ですので、全国各地の数多くのエステオーナーさんと会います。

そこであくまでも感覚的な傾向ですが、

◆うまくいっているサロンさんは 「アンテナを高く伸ばす」&「時間を作る」 ということをやっています。

両方とも重複した意味合いがあるんですけど、 アンテナを伸ばして、受信するための時間を作る ってことです。

◆うまくいっているサロンさんは オーナー(社長)が施術に追われず、 アンテナを立て、そのために時間を確保できる体制が出来ています。

例えばいろいろ営業してくる業者さんに対しても ぞんざいな対応はせず、短時間でも興味があれば話を聞く。 中にはお店の為になる話しも多くあります。

でもオーナーさんが、終日施術に追われ 休みの日は疲れをいやす為に終日寝ている、っていうサロンさんの場合には 情報が入ってきません。

あとはアンテナの種類も大切です。 受信する力は同じでも ・自分が知っているもしくは賛同できる情報や考え方のみ受け入れるアンテナ ・自分が知らず賛同できない情報でも、一つの考え方として受け入れるアンテナ とでは、全く効果が異なります。

お勧めとしては、 オーナー(社長)が施術に追われず、 アンテナを立て、そのために時間を確保できる体制を構築することです。

あくまでも私が、サロンオーナーさんでうまくいっている方を 独自に感覚的に感じた傾向ですので、ご参考まで。

オーナーさんもぜひ、 時間を作って「エステと関係のない場所」に身を置いてみてください!