読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

紀香さんも真っ青!国民生活センターが水素ブームを終わらせる?

【スポンサーリンク】

昨日は健康博覧会に行ってきました。

 

そこで感じたのは、 「水素関連の出展が多い!」 ってことです。

恥ずかしながら 今まで水素の効果とかを意識したことはありませんでした。

 

最近、国民生活センターに叩かれてたな~ なんていうレベルでした。

 

女優・藤原紀香さんが ブログなどで水素水をアピールしまくっていたのに 国民生活センターの一件以降は水素に触れない。。。

なんてネットニュースを騒がせていましたよね。

 

一部専門家からは 「中身は水道水と変わらないニセ科学である」との指摘があったり

国民生活センターが 「水素水」生成装置の活性酸素の抑制機能に関して、 必ずしも体内の活性酸素の量を減らすという健康面への効果を 示すものではないと注意を促したり。

 

「水素」自体が 人体に何も良い影響を与えないもなんじゃないか? なんて世間の空気で何となくそう思っていました。

 

ってことで 出店している水素関連の会社は どう思ってるのかを聞いてみました。

いくつかの出展企業に聞いてみたのですが 面白い話が聞けました。

 

本気で水素を販売している会社は少ない。 ブームで売れそうだから取扱う会社も多い。 (中堅水素事業者) 多くの水素関連の会社は 水素濃度を自社で計測するため 実際には濃度が低いことが多い。 (水素取扱事業者) 水素自他は外国では医学的に認められていて 今回の国民生活センターの調査結果が正確に伝わらず 「水素」=無意味なもの、って思われているのが辛い。 (医学団体役職者)

などなど 風評被害を気にしながらも 「水素」に対する自信は皆さん持っていました。

 

今回の「水素」=無意味なもの っていう雰囲気が蔓延している中 実は水素を取り扱っている店舗にはチャンスかもしれません。

取り扱っている水素サプリや水素水が ちゃんとした会社の商品であることが 前提条件ですけどね。

 

お客さんから 「水素ってブームでしたけど、何も効果が無いものだったんですよね」 なんてことを言われることがあると思います。

この言葉が聞けたらチャンスです。

国民生活センターが発表したのは 水素を扱う一部の事業者に対して調査をした結果 表示している溶存水素濃度よりも実際に計測してみると低かったということ。 後は、悪玉活性酸素を無害化するなど 医薬品医療機器等法健康増進法景品表示法に 抵触するおそれがあったということ。

つまり 「水素」自体が無意味なものであると 言っているわけでは無いのです。

そのあたりをまずはメーカーさんに確認し しっかりと理論武装して回答してみたら お客さんはどう思うでしょうか?

あっ、ここのサロンは水素売ってるんだ?

水素って詐欺みたいなもんだったんでしょう?

えっ、水素自体は人体に良い効果が期待できて 特定の事業者が悪さしてたってこと?

ちゃんと丁寧に話をすれば このように気持ちが変わるかもしれません。

そして、、、

このサロンのスタッフさんは 知識が豊富でしっかりしているな。

なんて、思ってくれて 信頼を得られるかもしれません。

 

今回の水素に対する風評被害で 水素の取扱をやめた事業者はとても多いです。

だからこそ、 実は今、チャンスかもしれません。

なぜならライバルが減っているからです。

 

紀香さんも真っ青になったかもしれませんが これを機に第二次水素水ブームを サロン内で起こしてみるのも面白いかもしれませんよ。