ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

心身疲弊でクタクタの施術者兼オーナーの共通点は?

【スポンサーリンク】

睡眠もしっかり取れてるし、トレーニングも週に二、三回はしている。 患者さんも途切れずに来てくれて、充実した日々を送っています。

 

先日、二十代の男性整骨院オーナー(Iさん)に こんな言葉をいただきました。

数ヶ月ぶりにあったのですが 彼のキラキラした目に惹きつけられました。

 

整骨院のオーナーさんと お会いする事がとても多いので あることに気が付きました。

整骨院オーナーさんの仕事は 「激務である」ということです。

 

ほとんどの整骨院では オーナーも施術をします。

そのため、朝から晩まで 施術でお客さんと接しています。

そして、営業時間が終わると 事務仕事の時間です。

保険診療をしていると申請業務などがあるため 患者さんが増えるほどに事務仕事も増えていきます。

エステサロンのように 一人のお客さんから30万円の契約とる なんてことはありません。

一人の患者さんから 数百円、数千円の売上を積み上げていくのが 接骨院では一般的です。

 

そのため激務である整骨院は多いのですが 同じ激務でも2つのタイプに分かれます。

心身充実タイプ と 心身疲弊タイプ

です。

もちろん冒頭にご紹介したIさんは 心身ともに充実していて 満面の笑みで接してくれます。

一方で半分くらいのオーナーは 心身疲労タイプ。

会った時には覇気がなく睡眠不足愚痴っぽかったり、攻撃的だったり。。。

 

心身疲労タイプのかたにも 傾向があります。

共通点と言ってもいいかもしれません。

※該当したからと言って 「古屋さん、俺のこと言ってるの( *`ω´)?」 って怒らないでくださいね。

 

1 施術歴が長い これは仕事に対する マンネリ化につながる可能性があります。 もちろん人にもよりますが。   2 睡眠不足 睡眠が足りないと 誰でもイラつきやすくなりますよね。 それにストレスも溜まります。   3 ブラック労働が美徳 施術や接客は肉体と精神を疲労させます。 そんな中でも、朝から晩まで働きづめで 休みもとらない(取れない)。

 

どれか当てはまりませんか?

Iさんは

施術歴は短め。 四、五年程度です。

睡眠はしっかり取っています。

ブラック労働的に働いていますが スタッフにはそうさせないですし 美徳とも思っていません。

 

いくら接客時に 元気に明るく顧客対応モードにしても 雰囲気は必ず相手に伝わります

 

  • 仕事がマンネリ化しないようにする
  • 睡眠を充分とる
  • 忙殺されないように体制を構築する

この3つの改善が 結局はお客さんのために なるのかもしれませんね。

 

ぜひ上記の3つに当てはまるものがないか 確認してみて下さい。

そしてもしひとつでも当てはまるようであれば どっぷりと心身疲弊タイプのオーナーになってしまう前に 改善してみてくださいね。