ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

通りすがりの60代女性に30万円のコース契約を取れますか?

【スポンサーリンク】

ある日突然、こんなLINEが届きました。

3hty_get_line

 

エステのコンサルを始めてから 5年以上が経つのですが

正直言って、 一番衝撃的な出来事といっても過言ではありません。。

サロン前を通りすがった女性に声をかけ 1時間後には30万円の契約を取るという ミラクルを起こしたエステシャン(Sさん)がいるんです。

このスタッフが勤めるサロンさんに 僕は店舗マネージャーとしての立場で 一緒に仕事をさせて頂いています。

今回の件は そのお店のスタッフが起こしたミラクルです。

では、どうやってこのミラクルを起こしたかを スタッフの証言を元にお伝えします。

その日は1人勤務だったので

1人の時こそ時間を有意義に使って売上も取りたい!

という思いでいたそうです。

お店の入口の扉はガラス張りなので 外の通行人が見れる環境です。

店の前には看板と 看板に設置したチラシがあり そこで立ち止まった女性をSさんは発見!

外に出て声をかけました。

話は弾みお店の中でメニュー説明をし 1時間程度話をした所、施術も受けずに その女性は契約をされたのです。

お客様はエステ経験はない女性で エステサロンを探していたわけでもなく 看板を見て1時間後に契約

それも30万円という金額です。

まさにエステサロン運営の常識で考えれば ミラクルです。

Sさんは20代前半の若手のエステシャン。

彼女の最大の魅力はとびっきりの笑顔です。

お客様と直接話している場面を見たことはないですが 打合せのときなどで垣間見れる笑顔から お客様の前での笑顔が用意に想像がつきます。

そして穏やかな喋り方もSさんの強み。

聞き手に安心感を与える雰囲気で話すので 「売り込まれる」って言う印象を与えにくい空気を作れます。

今回Sさんがこの2つの強みを活かすことが出来 ミラクルを起こせたのは 外にいたお客様に声をかけたこと。

そのまま、看板を見つめるお客様を 遠目に見て待っていたとしたら。。。 きっと、そのまま帰ってしまったでしょう。

なぜなら、この女性は エステに特別な興味はなく またエステサロンに通ったことが無い方。

そんな方が御自身で サロンの扉を開けて店の中に入るのは とても勇気がいることです。

とても高い壁です。

今回の出来事で勉強になったことは

通りすがりの人でも1時間後に30万の契約をしちゃうことがある

ということです。

そしてそのためには、広告媒体での集客だけでなく 自ら眼の前にいる人に声をかけるという行為も とても有効だということですね。

Sさんは今回のお客様に 理想の効果を得て頂けるようにと 意気込んでいます。

Sさんの一歩が生み出した お客様との出会い、関係。

どんな場面で、どんな方法でお客さんとの関係が生まれるのか?

常識にとらわれるな!

とSさんに教わったミラクルな出来事でした。

Sさん 有り難うございます!

予約が無かったり、集客に困っていたら サロン前で立ち止まった人に 声を直接かけてみてはいかがでしょうか?