ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

あなたは暇人と会いたいと思いますか?【エステ|コネNews012】

【スポンサーリンク】

オーナーさん、おはようございます!

コネクションズの古屋です。

先日、埼玉県のとあるサロンオーナーさん(Yさん)と ホームページの打ち合わせをしていました。

Yさんのお店はホームサロン。

ターミナル駅から徒歩15分ほどの距離にある、 ファミリーマンションをリフォームした素敵なお店です。

清潔感があり、ホームサロンならではのくつろぎの空間といった感じ。 お店で打合せをしていると、お客さんからの電話が鳴りました。

Yさんが電話に出ました。

とても丁寧な対応で、 電話がうまい!

うまいっていうのは 「声がいい」 「滑舌がいい」 「テンポがいい」

ということもありましたが、

営業的に言う「トーク」がうまい!

実践されている方には釈迦に説法ですが、 「人気の店」 「忙しい店」 を会話の中にうまく入れているんです。

↓      ↓      ↓ 『大変込み合っておりまして…、』 『おかげさまで、お客様にご評価いただいておりまして』 『今週はほとんどいっぱいなんです………、あっ、ちょっと待ってください、 ●日の○時から〇時なら空いてますけど大丈夫ですか?』

というようなやり取りをして、 問い合わせのお客さんを確実に予約に持ち込んでいました。

当然、本当に予約が埋まってはいるんですけど、 でもほとんど予約でいっぱいっていうわけではなかったようです(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【◎私、忙しいんです!!!】|人は忙しい人に会いたいと思う。

「ハード・トゥ・ゲット・テクニック」 お店や自分の希少性を高めるような話し方のことで 心理学の世界での呼び方です。

人は手に入れるのが難しい程、 そこに希少性を感じ、 もっと欲しくなる。

ということです。

「私、忙しいんです!!!」 って言葉に出すって意味ではないですよ!

そう思わせる演出をするってことです。

↓オーナーが、エステのお客様になったつもりで考えてみてください。


オーナーは自宅から近い二つのエステサロン (A店・B店)に興味を持ち、 それぞれの店舗情報をホームページを見て調べました。

「どっちのお店にしようかな♪」

まずはホームページをチェック。 A店・B点ともにホームページのデザイン、 施術メニュー・料金、 店長や店内の雰囲気などは甲乙つけがたい。

五分五分です。

ということで、 それぞれのお店に電話をして雰囲気をつかんでから 来週にでも予約をして行こうと思い、電話をかけました。

まずはA店に電話。

A店「来週ですか?いつでも予約取れますよ」

次にB店に電話。

B店「申し訳ございません。 来週は全て予約が埋まっております。

再来週であれば予約可能ですが、御調整は可能でしょうか?」


あなたなら、どちらのお店に行きたいですが。

もちろんB店ですよね。

これは 忙しいそうな人(店)=希少価値がある=魅力的 という人間心理からそう判断したのです。

仮に予約が少なくても、 “忙しいお店”を演出すれば、

本当に忙しいお店になるかもしれませんね!