ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

スマホで仕事しよう!Gmailジーメール転送編vol.4

【スポンサーリンク】

メール設定をされた際の パスワード等の情報はご用意頂けましたか?

では、 具体的な設定操作に入ります。 御自身が使うGmailアドレス(転送先アドレス)に サロンで使っているメールアドレス(転送元アドレス)から 転送をしてもらう設定です。

正確に言うと 転送元アドレスに届いたメールを Gmailアドレス(転送先アドレス)が取りに行く感じです。


 

まずはGmailアカウントにログインしてください。

gmail_set_1

ログインしたら次の順で操作をしてください。

(1)右上に合う歯車アイコンをクリック。 メニューが表示されます。

メニューの中の[設定]をクリック。 Gmailの各種設定をする画面が表示されます。

(2)アカウントとインポートをクリック。

(3)自分のPOP3メールアカウントを追加をクリック。

すると、下のような画像ができます。

gmail_set_2

(4)受け取りたいメールアドレス(転送元アドレス)を入力。 今回の例ではお店アドレスですね。

(5)次のステップをクリック。

gmail_set_3

※ここから事前に用意しておいたメール設定用の情報を使います。

(6)ユーザー名を入力します。

(7)パスワードを入力します。

(8)POP3サーバーのホスト名を入力します。

(9)ポート番号を選択。 一般的には(11)のセキュリティーをチェックした場合は955 しない場合には110にする。

(10)転送元アドレスのメールBOXにメールを残しておく場合には、チェックを入れる。

(11)SSL対応のPOP3サーバーかどうかを把握しておく。 わからなければまずはチェックを入れてみる。

チェックを入れて(14)のアカウントを追加をクリックした際に errorが出るようであればチェックを外す。

(12)ラベルを付ける場合にはここをチェック。

(13)転送先のGmailの受信トレイに残さない場合には、ここをチェック。

(14)アカウントを追加をクリックし、次に進む。

gmail_set_4

(15)ここに表示されているのが転送元のメールアドレス。 ここの文章は「Gmailを操作して、転送元のメールアドレスとして送信することができるけど、その設定をしますか?」ということが書かれている。

(16)最初はここにチェックが入っている。

(17)後からでも設定できるので、今回はこちらにチェック。

(18)ここをクリックすれば転送設定は完了。


ここまでできましたか?

これで転送の設定はできました。 後は今まで転送元に蓄積されていたメールを Gmailに読みます。

併せて、Gmailで転送元のメールアドレスとして 送信が出来るようにする設定をします。

この2つができれば 「お店に届いたメール→スマホGmailで確認」 「スマホGmailを操作して、お店のアドレスでお客様、業者さんにメール」

が出来るようになります。

そこは次回にご案内しますね。