ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

あなたは老け顔?カウンセリングトークに是非!【エステ|コネNews008】

【スポンサーリンク】

オーナーさん、こんばんは! コネクションズの古屋です。

先日面白い記事を目にしたので、お伝えします!

結構衝撃的ですよ!↓↓ ↓↓ 「見た目が老けている人は、見た目が若い人に比べ、寿命が短い…」

では本文をどうぞ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【◎白澤卓二教授は語る】|カウンセリングトークに是非!

ある雑誌で衝撃的な記事が載っていました。

「同窓会の“老け顔”は短命で“若見え顔”は長命」

んっ???

見た目の若々しさと、寿命に関係が???

以下、記事をかみ砕いてお伝えしますね。

100歳以上の日本人は4万人を超えているそうです。 いつまでも元気で長生きしている高齢者が増える一方で、 認知症や足腰が弱り介護が必要な人も増え、 社会問題となっている昨今です。

順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座の 白澤卓二教授をご存知でしょうか?

現在ベストセラーとなっている 『100歳までボケない101の方法』(文春新書)の著者です。 ⇒http://goo.gl/so4G6

白澤卓二教授はこう言います。

「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持てといわれますが、 40歳を過ぎて老けて見られるとしたら、それは遺伝のせいではありません。」         ↓ ↓ ↓ 「あなたの自己責任です」

寿命を決めている要因のなかで、 遺伝子が占めるのはわずか25%しかないことが 研究で明らかになっているそうです。

言い換えれば寿命を決める残り75%は環境要因ということですね。

白澤教授は続けます。

「環境要因のなかには、大気汚染など自分では避けるのが難しいものもあります、 しかし、多くは自分で変えられるもの。」

「例えばタバコをやめる」 「お酒の量を減らす」 「食事を変える」

「つまり、75%のかなりの部分は自分で選択できるのです。」

ふむふむ、確かにそうですね。

白澤教授は更に続けます。

「40歳の同窓会のころには、環境要因が相当に反映されて来ます。 もし“老け組”に入ったとしたら、それは親の責任ではなく あなた自身の責任だということです!」

確かに、久しぶりに友人に会うと

『こいつ老けたなー』 とか 『相変わらずきれいだなー』 とか 『えっ、こんなにきれいだったっけ?!』

ってことありますよね。

さらに教授によるとショッキングなのは、

“見た目が老けている人は、実際の寿命も短い” ということ。

デンマークのクリステンセン教授が、 1826ペア、3652人の70歳の双子の写真を撮り、 それぞれ何歳に見えるかを41人の医療関係者らにアンケートした上で 追跡調査を行なった結果、

老けて見えるほうが早く亡くなっていたとのこと…。

双子でも、どんな生活を送ってきたかで、 見た目の年齢に差が出てくる。 そして、その差はそのまま

⇒「あと何年生きられるか」の差になってしまう!!!

つまり、そこから分かるのは、

同窓会の“老け組”は早死! “若見え組”は長生!

そんな可能性が高いということなんです!!!

しかし、白澤教授は最後にこう言ってくれました。

「いま、老け組だからといって諦めるのはまだ早い。 老化を予防するアンチエイジングに取り組むことで、 まだまだ若見え組に入ることは可能です。

アンチエイジング、すなわち老けない生き方ができている人は、 寿命が長いだけでなく、ボケにくいというデータもあります。 体も脳もバリバリ現役なまま、100歳まで生きることも可能なんです!」

今現時点で、同年代と比べて老けて見える人も まだまだアンチエイジングに取り組めば、寿命が延びるってことですね!

僕は仕事がら、全国のエステサロンオーナーに会います。 大半が女性オーナーです。

ほとんどのオーナーが「実年齢より若い!!!」 っておもいます。

やはり美に対する意識が高い、 自分もエステを受けている ということが要因なのだと思います。

ってことは…

僕が仕事でお付合いするオーナーさんたちは、 みんな長生きですね(笑)

ってことで、 カウンセリングで以下の二つのポイントをトークに織り交ぜてみてはいかがでしょうか?

①「見た目が若いと、長生き!」 ⇒「見た目が老けていると、寿命が短い…」

②「見た目が若いと、ボケにくい!」 ⇒「見た目が老けていると、ボケやすい…」

その為には、美に対する高い志と、取り組みが必要!

その為に私たちはお手伝いさせていただきます!!!

といった感じでしょうか。

ぜひ、アレンジして使ってみてください。

ではまた来週ノシ


白澤 卓二 著者ページはコチラ http://goo.gl/k4je4