読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

どうなる? SMAP独立・解散騒動の行方|キムタクVS中居くん!?

【スポンサーリンク】

【エステ|コネNews245】

presen_man

「スタッフ数人が裏で話をつけて、一度に退職をされてしまった」

この言葉は、ある接骨院のオーナーさんから 僕が直接聞いた話です。

「退職したスタッフが現役スタッフに会社の悪口を言っていた。 そして、その現役スタッフはしばらくして退職願いを出してきた。」

この言葉は、あるエステオーナーさんから 僕が直接聞いた話です。

あなたのお店ではスタッフが独立したり 複数のスタッフを引き連れて退職されたり という経験は有りませんか?

先日のベッキー不倫騒動の続いて 芸能界では大きな話題が巻き起こっています。

皆さんご存知の スマップ解散騒動です。

NHKでさえ、 テレビニュースで流すほど 国民的関心の高い話題です。

ジャニーズ事務所SMAPのメンバー5人のうち 一部のメンバーが、独立することを検討している。 現在、事務所側と協議を進めている。

と、独立問題が協議中だということを 認めています。

今後、どのような展開を見せるかはわかりませんが これって、お店や会社など人が集まる組織であれば いつ同様のことが起こってもおかしくない例ですよね。

ニュースに出ている内容をまとめると 次のような内容になります。

※真偽の程は定かでは有りません。

スマップが国民的アイドルに育て上げた 担当マネージャーがジャニーズ事務所を退職予定。 ジャニーズ事務所は家族経営のため マネージャーとその上司との折り合いが 良くなかったと言われている。 育ての親であるマネージャーが退職するのを期に スマップの一部のメンバーがグループを解散し 事務所を辞めて独立を検討。 5人のメンバーの内 キムタクのみは事務所に残ることを明言し 残りの4人は独立を検討。 その後、4人はグループ解散や独立する意向を翻したが 事務所側はそれを受け入れない姿勢をとっている。 ある記事では 中居くんが、残留意向のキムタクに対し 仕事現場で無視を決め込んだということも書かれている。

大筋でこんな内容で 世間では取り上げられています。

1月15日に木村拓哉さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組で 「ちゃんといつか自分の言葉で話せる時がきたら、自分の言葉で、話したい。」 と一連の報道について言及した。

現状はそのような状況で 正式にメンバーからのコメントや会見は行われいない。

このスマップ独立解散問題は お店の現場でもよく起こる内容です。 整理してみますね。

この構図で考えてみると・・・ 店長がオーナーとの不仲により 退職することを決めた。

エステシャン達はエステシャンとしてのいろはを 全て教えてくれた店長が退職するなら、 自分たちも退職しようと話し合った。

その中で1人のエステシャンは 「確かに店長が育ててくれたけど、 オーナーがサロンを運営してくれていたから今の自分がある」 と退職しないことを決めた。

このように一般社会に置き換えてみると よくありそうな話だと思いませんか?

現場のエステシャンからしたら 活躍の場を提供してくれるオーナーよりも 近くで自分たちを指導してくれた人に情が入ります。

オーナーとエステシャンの接点があればまだよいですが 距離感が大きくなると、遠い存在になってしまいます。

冷静に俯瞰して考えれば エステシャンが働ける環境を作っているのも 店長から指導を得られる環境を作っているのも

オーナーが提供しているものです。

でも、、、

感情的になってしまうと 現場のエステシャンとしては、身近で指導をしてくれ

相談に乗ってくれた店長のほうが 大切な人となってしまう場合もあるんだとおもます。

そして、 「私達、店長がオーナーとのいざこざで退職されるなら、私達も退職しようと思います。 そうしたら、店長がオーナーになって新規開業して、私達を使ってくれませんか?」

みたいな感じで、 一つの店舗が丸々無くなってしまった。。。

なんてことになる可能性も有りますね。

オーナーが全て場を作っていたのに 現場の認識はオーナーが思うほど 評価をしてくれていない。

これが現実なんだと思います。

このようなことを防ぐ方法が あると思います。

  • 組織の上層部にオーナーの家族を使わない
  • オーナーはエステシャンと交流を持つ

これだけで店長とエステシャンが手を組んで いきなりやめられちゃうなんていうことは防げると思います。

それに、もし前兆があれば感じ取ることが出来ます。

冒頭でご紹介した接骨院・エステの両オーナーも 「自分自身のスタッフとのコミュニケーション不足を反省している」 と仰っていましたし。

会社やお店など、組織を持っている人からすれば 今回のSMAPの騒動は決して対岸の火事では無いはずです。

beer

飲みニケーションをすれば良いってわけでは無いですが もししていなければですが、定期的に個別面談をして スタッフと向き合うなどしてはいかがでしょうか。

そうすれば、もしも「独立したい」ってスタッフがいたとしても 気持よく応援して、そして独立後も会えるような関係を 築けるかもしれませんからね。

ということで 今回のSMAP独立解散騒動の結末は 最後まで見届けて今後の参考にしたいですね(^^)