ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

暴飲暴食の年末年始、痩せてるエステシャンは痩身コースが売れない?

【スポンサーリンク】

【エステ|コネNews242】

woman_yokowoman_yoko 「古屋さん、私は太ってる人の気持ちがわからないので 痩身系のメニューのセールスに力が入らないんです・・・」

実はこのような内容を 数多くのエステオーナーさんやスタッフさんに相談されます。

太っていたことがない人は 太ってるお客様に痩身メニューの営業が できないのでしょうか?


2015年、未年もあと数日で終了ですね。

ひつじは群れて暮らすので、 家族の安泰や平和な暮らしを意味するとも言われていますが その通りになりましたか?

そして来年、2016年は申年ですね。

猿は山の賢者、山神の使いとも言われています。 そんな猿の特徴といえば「器用」「臨機応変ですね。

そんな猿のように来年は 器用で臨機応変に活動していきたいですね。


ということで、、、 冒頭にお伝えしたように、太ったことがない人が 太っている人に痩せさせるメニューを営業することについて 考えてみたいと思います。

そして、猿のように 器用に、臨機応変に太っている方を 救ってあげるお手伝いをしてあげましょう(笑)


エステサロンのオーナーさんは もともと美意識が高かったり、きれいな人が多いです。

そして、おそらく世間一般の人たちと比べると 太っていない方の比率も高いと思います。

woman_kahanshin

厚生労働省の調査によると 肥満者(BMI≧25 kg/m2)の割合は

  • 男性28.7%
  • 女性21.3%

女性は5人に一人が肥満なんですね。

でも女性オーナーの場合は 感覚値としては 10人に1人くらいな感じがします。

※ちなみに太っている女性(肥満女性)を 厚生労働省ではBMI≧25kg/m2を基準にしています。 例えば女性の場合
  • 150cmで57kgだとBMI→25.3
  • 155cmで60kgだとBMI→25.0
  • 160cmで64kgだとBMI→25.0
  • 165cmで68kgだとBMI→25.0

だから、 冒頭でお伝えした「太っている人の気持がわからない」 って方が多いのも当然だと思います。

では、太ったことがないエステシャンは 太っているお客様に痩身コースを売りづらいのでしょうか?

結論としてはエステシャンの気の持ちよう太っている人の気持に歩み寄ることが出来るかどうか によると思います。

そこで僕がサロンさんにお伝えしているのは 次のような内容です。

※医学的根拠は諸説あるので あくまでも僕の指導用トークだと認識してください。

食事制限のコントロールは 肥満の人とスリムな人とでは難易度がまるで違う。 それは脳みそに秘密があるんです。。。。 woman_donatu 快楽物質と言われる「ドーパミン」。 ドーパミンには異なる領域が有ります。
  • 習慣形成に関わる脳領域
  • 報酬領域に関わる脳領域
それぞれどんなものかというと
  • 習慣形成に関わる脳領域=「やる気を起こさせる」
  • 報酬領域に関わる脳領域=「快楽や快感」
実はこの2つの領域でのドーパミンの働きが 肥満の人特有の特徴があると言われているのです。 例えば美味しそうなチョコレートドーナツを見た時・・・ 「やる気を起こさせる」ドーパミンの働きが活発になり 「快楽や快感を得る」ドーパミンの働きは、逆に不活発になる という傾向があるんです。 つまり 食べるという「やる気」は活発になるものの 美味い!っていう「快楽」が得られにくいってことなんです。 だから、食べるという習慣が脳内にインプットされる。 でも食べた時の満足度は低い。 もっと端的にいうと 食べる行動力は強いけど、美味しいという満足度が低い。 だから暇さえあれば食べ続ける。。。 美味しいという快楽を求めて。。。 そういう精神状態なんですね。 ですので、ずっと痩せている人は太っている人の この精神状況を理解してあげると、 心のなかで冷たくしてしまうことが無くなると思います。 気合いでどうにかなるものでは無いんです。

そこを理解できない痩せてるエステオーナーはこう言うんです。

「なんで太るのに食べるんですかね。 食べなければ100%痩せるのに。 私には考えられません。 だから、痩身コースを売る気になれないんですよね。 心のなかで、食べなきゃいいじゃん!って思っちゃって・・・

これは僕が痩せ体型なので オーナーさんも心をひらいてくれて ぶっちゃけトークをしてくれているんですよね。

かなり多くのオーナーさんが 同じことを言いますからね。

でも、そんなふうに思っていたら 痩身コースはとても売りづらいメニューとなってしまいます。

なぜだと思います?

お客様にその気持が伝わっちゃうからです。 本当に伝わっちゃいます。

ですので、 脳みその影響だということを理解してください。

思春期の子供が 無性にイライラしたり反抗したりしますよね。

そんなようなもので 気合いで直せるものではないのです。

だからこそ、 痩身コースをお客様に提案してあげて スリムになって頂くのです。

だってセルライト除去とか 部分やせを除けば

食事を見直して、筋トレして代謝を上げて、 有酸素運動でカロリー消費すれば 誰だって痩せられるわけですから。

それが自分でデキる人は たまたまそれが出来る人だったわけで 痩せてるオーナーはそれが出来る人だっただけなんです。

だから結論としては 痩せているオーナーでも痩身メニューをじゃんじゃん売れるってことです。


肥満系のお客様の脳内で起きていることを想像し 痩せることの喜びを与えてあげれば ドーパミンの出方も変わってくるかもしれません。

御自身で「共感」してあげることは難しいかもしれませんが お客様の精神状況を理解してあげて

そして、痩せた自分をイメージしてもらうことができればOKです。

痩身はエステメニューの中でも売りやすく そして、単価も高いです。

自分が痩せている方という理由で苦手意識を持たずに サルのように臨機応変に、そして器用にお客様に接して スリムのお裾分けをお客様にしてあげてください。

 

そうすることで お客様は痩せてハッピー、 お店は利益がでてハッピー。

暴飲暴食をする年末年始。 年明けからは更に痩身需要が高まります。

是非、痩せてるオーナーで痩身に苦手意識があったとしても 痩身メニューを取り入れてみてくださいね。