読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

【逆に失礼?】虚礼廃止の時代、年賀状は3つのルールを守って送れ!

【スポンサーリンク】

nenga_saru

年賀状って必要あるんですかね?

昨日、そんなことをある男性に話したんですが その方の答えはこうでした。

あったほうが良いんじゃない? 今年はお年玉が10万円の現金みたいだよ~

先週のメルマガで「年賀状・自爆営業」について 記事にしたので、ちょうどタイムリーなタイミングで とても興味深く意見を頂戴しました。


僕は年賀状は出さずに 頂いたらお返しをさせて頂く主義です。

ですので、年賀状一つとっても 考え方や価値観は異なるってことを 痛感した場面でも有りました。

batu

「虚礼廃止」って言葉はご存知だと思いますが 最近は企業が企業にまたは社内の部下が上司に 虚礼廃止を進める動きが年々強くなっています。

虚礼廃止は 形式的で中身が無い、気持ちがない お礼や礼儀はやめようという意味。

行為としては例えば、

  • 年賀状
  • 御中元
  • お歳暮
  • 葬儀
  • 通夜の参列

などがあげられます。

あくまでもこれは「虚」礼の廃止なので 本気で礼の気持ちがあれば問題無いですが 実際のところ慣習的にしているケースが大半ですよね。


ここで「虚礼」的な行為をするかどうかが 会社やお店の判断を迫られる時代となっています。

  • 社会の流れが虚礼廃止だから やめてしまうのか?
  • 虚礼廃止をせずに 虚礼を継続してみるのか?

僕の考えとしては 「虚礼」でなく、本当に礼の気持ちがあるなら お礼の行為として行っても良いのではないかという考えです。

また、この礼を伝える行為を お店や会社の「企画」として利用するのであれば それも良いのではないかと思っています。

前者の「本当に礼の気持ちがある」は 言うまでもないと思います。

では、後者の 「企画」とは何だと思います?

サロンさんの中でも 一度だけ来たお客様や常連客の方に DMを送ることって有りますよね。

もちろんDMがNGの人に送るのはダメですが、 結構、休眠客の掘り起こしなどに使えるのがDMです。

受け取り手にとって 年賀状の最大の魅力ってなんだと思います?

ぼくが思うには お年玉の抽選が受けられることです。

okane200

今年は10万円ももらえるみたいですしね(^^)

僕は切手があたったことは有りますが それだけでも結構嬉しかったですもんね。

そこで、年賀ハガキを利用したDM作戦がおすすめなんです。

年賀はがきはお年玉の抽選が付いているので お店から届いたものでも捨てづらいという 傾向があります。

なぜなら、今年で言えば その年賀ハガキが10万円に化けるかもしれないので。

そこでサロンさんもお年玉的な企画を組めば 休眠客が一歩を踏み出してくれる可能性が出てきます。

お試し施術メニューや物販商材を 「年賀状をお持ちの方に限り」お年玉価格で提供する という王道の企画でも良いと思います。

もちろんお店独自の企画を考えて 年賀状を有効活用することは可能ですよね。

そこで、ただ印刷された年賀状を送る 「虚礼」ではなく

お客様ひとりひとりに「メッセージ」を添える 礼を込めた年賀状を出すことで 心象や反応率が変わってきます。

  • 以前お店で話したこと
  • お客さんが気にされていたことについてのお伺い
  • お客さんの趣味や没頭されていることについての一言

などなど

「あなた」に送っている年賀状ですよ。

というのがわかると 受け取りての心を揺さぶられます。


虚礼廃止が叫ばれるこんにちですが お店からお客様への年賀状は 集客や売上を取るためには必須のアクションです。

「礼」「企画」「メッセージ」

この3つを意識して年賀状を送ることで 既存客のサロンに対するロイヤリティの向上休眠客の掘り起こしなどに役立つはずです。

コンビニで売っているような 年賀の挨拶と干支のイラストが印刷されただけの年賀状

それをそのまま サロンとしての企画や担当者からのメッセージ無しで 送ることはお控えくださいね。

それこそまさに 「虚礼」となってしまいますので(笑)

ご参考まで。