読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

営業心理学で売上UP!単純接触効果(ザイアンスの法則)【エステ|コネNews218】

【スポンサーリンク】

mama_iraira

初めて会う人、初めて見る商品、初めて接する●●。。。

一目惚れは別として 一般的に警戒がわきますよね。

前回はミラーリングという 「人に好かれる心理学」をお伝えしましたが 今回も人に好かれる法則をお伝えします。

復習になりますが ミラーリングとは何だったか覚えていますか?

millerring ミラー(鏡)の様に相手を真似ることで 無意識の内に好印象を持ってもらうものですね。

例えば、相手がゆっくり小さめの声で話すしタイプであれば こちらもできるだけ、ゆっくり小さめの声で話す。

そうすることで 相手も無意識の内に接することが心地よくなり 好意を持ってもらいやすいといものでした。


今回ご紹介するのは、 単純接触効果(ザイアンスの法則)です。

1968年にアメリカの心理学者「ロバート・ザイアンス」 が論文にまとめて知られるようになったため ザイアンスの法則とも言われています。

では、単純接触効果とはどんなものなんでしょうか? 名前を聞けばなんとなくイメージできますね。

単純に接触の回数が多ければ人間関係に効果がある。 そんな感じかな~、って予想がつきますね。

実際にその通りの意味で 繰り返し接することで好感度や印象が高くなる効果のことです。 繰り返し接するというのは 何度も見たり、何度も聞いたり、何度も触ったり、何度もニオイを嗅いだり。 そういう行為です。


ピンとくるわかり易い例を出しますね。

青春時代、 クラスメイトにときめいたことはありませんか?

結構あるって方が多いともいますが それは毎日クラスで顔を合わせ、話をしたり、声を聞いたり、 繰り返し接することで好意を持つことが影響しているんです。

couple

女子校なんかだと結構、男子教諭と女子生徒が付き合ったり 男子教諭が女子生徒にモテたりすることがありますが それも繰り返し教師と接することで好意を持つってことですね。

社内恋愛やサークルなども同じですね。

逆に合コンや街コンなどは 初めて会って数時間を過ごして、、、

って感じですので なかなか相手を知るのに時間がかかり 相当フィーリングが合わない限り なかなか恋の火がつかなかったりしますよね。

※僕だけだったら、すみません^^


 

この単純接触効果は恋愛だけに有効なわけではありません。

もちろんビジネスにおいてもとても有効で 多くの企業がこれを利用しています。

当然、売上を上げているエステサロンも 単純接触効果っていう名前は知らなくても この法則を利用しています。

 

例えば、 キャンペーンの作り方。

大手エステサロンは 一般的に1回の体験エステをご新規様限定で キャンペーンをしていますよね。

そして大手エステサロンの場合には その体験時にクロージングを仕掛けてきます。

つまり「●●万円のコース契約をしませんか?」 っていう話ですね。

これは小規模サロンでも出来ますが できれば何でもかんでも大手の真似をすることが 得策とは言えません。

なぜなら、、、

大手エステサロンは既に大量の宣伝広告で 「単純接触効果」を図った上で、一発目の体験エステで クロージングを仕掛けてるんです。

TVCM・電車内・WEB・タレント起用などなどで 既に大手エステサロンは単純接触効果を使い倒しているんです。

WEBを例に出すと、こんな感じで露出しまくりです。

※以下のバナーをクリックしてみて、体験コースに興味を持ったら 是非、体験エステを受けてみてください。 どのように勧誘(カウンセリング・営業)をしてくるかがわかりますので。

更に複数の体験エステを受ければ、会社ごとの営業の仕方の違いを比較出来るので できたら、複数の体験エステを受け、御自身のお店の発展に役立てられると良いと思います。 マッサージシェイプ「ハード7」 脚やせ体験コース

エステ 渋谷

リフィート 脚痩せ

ラ・パルレ

骨盤ダイエットBaeuty 500円

エステ 渋谷

だからほとんどの大手エステサロンは 初回でクロージングを仕掛けてくるんですよね。

※ちなみにメンズエステでもこんな感じです。

メンズTBC フェイシャル

ラ・パル

メンズエステ

 

一方、広告宣伝費があまりな小規模サロンが うまく単純接触効果を利用したキャンペーンをしているケースが有ります。

これは僕もコンサル時にはおすすめするんですが 「複数回セットでのキャンペーン」です。

例えばキャビテーション60分15,000円だとすると、 キャビテーション60分15,000円×3回=45,000円を4,980円!

みたいな感じですね。

これで三回は接触が図れるんです。 キャンペーンの見た目もお得感が出てきますし クロージングの難易度も初対面の人にクロージングするより決めやすくなります。

相手の情報量が増え、 また施術の効果が出始めることもあり それらの相乗効果で更に契約しやすくなります。

ですので、 この単純接触効果を意識的にメニューやキャンペーンに組み込むことで 営業力が高まる可能性を秘めています。

ちなみに僕がメルマガを週イチで サロンさんに対して「単純接触効果」を狙っている部分もあります。

だから、一年以上ぶりに連絡を頂いて ホームページ制作のご依頼を頂いたり コンサルのご依頼を頂いたりということも実際にあります。

 

つまり、直接顔を合わせるだけでなく メールや電話などでも効果があるってことなんですよね。

だから、ある程度オーナーが 施術以外の時間に余裕がある場合には

  • メルマガを発行
  • 会報のようなレターを制作して郵送
  • 年賀状や誕生日レターを送る

などなど様々アプローチで接触頻度を高める工夫をしています。

ブログやフェイスブックツイッターも 接触を高めるためには有効なツールですね。


実はこの「単純接触効果」には落とし穴があります。

それは、、、 こちらが既に嫌われている場合には逆効果になるということです。

わかり易い例で言えば ストーカーですね。

毎日、電話やメールが頻繁にあり 接触頻度は高いのですが、嫌いな人からの接触頻度が高いのは 苦痛でしかありません。

ですので、特に好かれていない、特に嫌われていない、 そういう状況で活躍するのが「単純接触効果」と認識しておくべきですね。


単純接触効果(ザイアンスの法則)は 繰り返し接することで好感度や印象が高くなる効果。

今のお店を振り返って 既存客との接触頻度を高める施策と 新規客に対して接触頻度を高める施策をすることで

お店の繁盛につなげてみてはいかがでしょうか。

ぜひ、できることを お店のメンバーや関係者と話してみて 行動していてくださいませ。