ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

老いては子に従え?!優秀な若者から学ぼう!【エステ|コネNews215】

【スポンサーリンク】

最近優秀な若者と接触してますか?

実は、昨日僕は優秀な大学生二人から 色々と教えて頂く機会がありました。


 

先々週、弊社のお問い合わせフォームに アポイントの希望をされる方がいました。

普段、結構いろいろな企業さんから アポイント希望のお問い合わせをいただきます。

宣伝関連でアライアンスを組みませんか? とか、

メーカーさんが うちの機械を売りませんか?

などなど。

基本的にはHPを拝見させていただき 全く対象外だと思わない限りは お時間をいただくようにはしています。

で、今回お問い合わせ頂いたのは 「大学生」

大学生から問い合わせをいただくのは レアなケースです。

問い合わせ内容を見ると 「外国のインターンシップ生を御社で受け入れてもらえる可能性はありませんか?」

というものでした。

外国のインターン生と日本の企業をマッチングする 活動を行っているとのことでしたので、 少し話を聞きたいと思い、お時間をいただきました。

桜木町のスタバで待ち合わせをしたのですが 僕が待ち合わせの5分前につくと、既に待機していたようで 僕に気づき大学生の二人が起立して挨拶をしてくれました。

何なんだ、このフレッシュさは! って内申思っていましたが ここは大人の対応を(笑)

普通の社会人の人と接するように 普段通りに話を聞かせて頂きました。

どうやら話を聞いてみると 中小企業での導入実績が多く、

中でも海外展開をしている、 もしくはこれから海外展開を検討している会社などに ニーズがあり導入に至っているとのことでした。

あいにく弊社は海外展開をしていないので 外国の学生を一時的に雇用しても どのように活用するかの具体案が見いだせませんでした。


ということで、 弊社としての導入は見送らせていただき

興味がありそうな企業さんがいたら紹介するということで 打合せを終了させて頂きました。

ということもあり、 今回この記事を書かせて頂きました。

ご興味ある方はご連絡ください。 ご紹介いたします。


 

打合せの終盤には質問を頂いたのですが これまたアラフォーの心を揺さぶる質問が・・・

「どうすればこの事業をより普及できると思いますか?」 とても率直に質問をしてくれました。

そこからは僕も少しおっちゃんトークになってしまい・・・ 色々とアドバイス的なことを話させて頂きました。

具体的には

  • 支部が複数あるので)現在開拓力のある支部にノウハウを伝授してもらう
  • 導入に至った企業の共通点を見つけ、その共通点を持った企業を狙い撃ちする
  • 御自身の親御さんやご兄弟など、身内や知人などにどんどん声を掛け、紹介してもらう

などなど。 今回、この大学生二人にお時間を頂いて痛感したのは 自分を基準に考えてはいけない ということです。

それはどういうことかというと 僕が大学生の頃は、 仕事的な活動は一切していませんでした(バイトはかなりやりましたが)。

そして勉強するために無報酬で時間を使うということは 一欠片も発想がありませんでした。

彼らはバイトのように報酬を得るために 活動をしているわけではありません。

  • 外国人とコミュニケーションが図れるから。
  • 自分の働きかけで、海外の日本で働きたい学生に働く場を提供できるから。
  • 日本で外国人を必要としている企業の役に立てるから。

などのモチベーションで この活動を行っているとのことでした。

就活にも特別有効というわけでもないようです。 アポイントも多い時には月に10件以上あり、学業も遊び呆けているわけではなく

研究をしたりかなりの時間と労力を 学業とインターンシップマッチングの活動に費やしているとのことでした。

そこでついついやってしまうのが 「自分の大学生時代との比較」なんですよね。

そしてもう少し俯瞰して考えると 多くのことを自分と同じレベルで考えちゃうんですよね。


よく研修でエステシャンから聞かれるのが 「自分のお財布の中身と相手のお財布の中身を同じだと思ってしまう」 っていう話があるんです。

例えばエステシャンで25歳、一人暮らし、だったとして 月に使える小遣いが3万円だったとしますよね。

すると同世代の女性に接客した時に 高額のメニューなんかハナから無理と決め付けて 提案する気になれない、っていうことがあるんですよね。

でも、同じ25歳女性で給料が全く同じだったとしても 実家暮らしで給料が全てお小遣いだったとしたら?

全然違いますよね。

これは金銭的な例を出しましたが 年齢や職業や給料なんかが仮に一緒だったとしても 人それぞれ環境は異なるってことですよね。

そしてほどんどの人間が ほとんど違う環境で生きているんですよね。

だから、エステシャンの方には 「一番高いメニューから提案してください」 と言っています。

※施術効果があることが前提条件です。

なぜならそれが相手への礼儀・敬意だからです。


 

やっぱり若い方と、 特に優秀な人や活動的な人と触れ合うことは 発見や力をいただけますね。

年齢を重ねても 若者から教えを請う気持ちは ほんとうに大切ですね(^o^)丿