読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

性善説VS性悪説、スタッフを信じますか?【エステ|コネNews104】

【スポンサーリンク】

先日、ゴルフ場で「スキミング」被害がありましね。

 

中国人3人逮捕が逮捕された事件で、

偽造カードを作成し2億円引き出したという内容・・・。

 

 

オーナさんのお店では

セキュリティー対策は万全ですか?

 

 


 

 

 

このスキミング事件を簡単にまとめるとこんな感じでした。

 

 

中国人の男三人が

平成24年5~12月に東京や栃木、広島など1都10県のゴルフ場で、

255人分のカード情報を読み取る「スキミング」の手口で偽造カードを作成。

 

約2億円を手に入れていたとみられる事件。

 

 

ゴルフ場の貴重品用ロッカーに隠しカメラを取り付け、

暗証番号を盗撮。

 

利用客がプレー中にロッカーを開け、

カードをスキミング

 

スキミングとは

磁気カードに書き込まれている情報を抜き出し、

まったく同じ情報を持つカードを複製すること。

 

 

ATMではロッカーと同じ暗証番号を入力していた。

 


 

 

ロッカーに隠しカメラを設置されていた事を

利用客が把握することは困難ですね(+o+)

 

 

でも、今回の事件で利用者がスキミングをされたとしても

ATMで不正引き落としをされない簡単な防御策があります。

 

 

 

なんだと思います?

 

これは超簡単な問題ですね(笑)

 

銀行口座の暗証番号と

ゴルフ場の貴重品用ロッカー暗証番号を

 

「違う番号に設定」

 

すればよかっただけですね。

 

 

 

 

とはいっても、

自分がまさかスキミングされて

勝手にATMでお金を引き出されちゃうなんて

夢にも思いませんよね(・o・)

 

 

ですので、

仕方ないと言えば仕方ないかもしれません。

 

 

 

 

やっぱりセキュリティー対策は大切だよな~

 

ってこの事件で再認識したんですが、

以前こんな会話をエステサロンオーナーと話したことを

思い出しました。

 

 

 

それは衝撃的な一言・・・

 

 

「複数店舗サロン運営していると、

店長が売り上げをネコババすることは良くありますよ」

 

 

えー!!!

 

 

初めてこんな内容を聞いた時には

結構ショックでした。

 

 

でも実はこの手の話、

複数のサロンオーナーから聞いています。

 

 

 

特に成長過程のサロンさんに多くて

三店舗、四店舗と店舗が増えていく中、

成長に対して管理体制が追いついていないサロンさんに

多く見られます。

 

 

中でも自分が施術もするオーナーさんの場合

自分が施術をするメイン店舗以外の店舗に関しては

完全に店長を信用しきっちゃう、ってケースが多いんですね。

 

 

自分は施術に時間を取られるので

あまり他店舗に顔を出せない。

 

だから人間関係も希薄になり

店長が魔の誘惑に勝てなくなってしまうんですね。

 

 

「誰も見てないし、帳簿も紙だから簡単にいじれるし」

 

「オーナーとは結構ドライな関係だし、なかなか給料上げてくれないし」

 

 

こんな感じで、

店のお金に手を付けちゃうんでしょうね。

 

 

でも実はこういった行為は

「業務上横領」ですよね。

 

 

あの子やんちゃしちゃって、、、

ってレベルではないですし、

 

 

心情的にもやり切れませんよね。

 

 

こういったオーナーは

ある意味「性善説」で物事を考えているのかも知れませんね。

 


 

 

ある別のオーナーにこんな話を聞いたことがあります。

 

 

「うちは監視カメラをレジ前に設置しています」

 

 

この方は、施術を全くしない

完全な女性経営者。

 

いつも、

「どうやったら売り上げが上がるのか?」

「どうやったら儲かるのか?」

「どうやったらスタッフのモチベーションが上がるのか?」

「どうやったら集客できるのか?」

 

こんなことばかりを考えています。

 

というより僕が話していた感じたことで、

あくまでも推測ですが(~o~)

 

 

たぶんこの方は

性悪説の考え方で、

「基本的に人は弱く、魔がさして悪いことしちゃうこともある」

っていう考え方のだと思います。

 

 

対策をしっかりと取っているので

当然、スタッフが横領することもありません。

 

 

 


 

性善説でスタッフと接するか、

性悪説でスタッフと接するか。

 

これは人それぞれ考え方があるので

どっちでもいいと思います。

 

 

でも、

セキュリティー対策はしたほうが良いのではないでしょうか?

 

 

 

例えば

鍵や何かのパスワードなどは「特定の人間」にのみ

権限を与える。

 

そうすることで、

何か起きた際に、疑うべき人が少なくて済む。

また、抑止力につながる。

 

 

不便さが出てきますが

これだけでも全然違います。

 

 

また実際にコストをかけられるのであれば

レジ前にカメラを設置するは効果抜群です。

 

場合によってはダミーのカメラを置くだけでも

抑止効果はあります。

 

 

 

方法はいくらでもあると思いますが、

まずは意識して見てはいかがでしょうか?

 

 

 

もしまだ、

複数店舗出店していて横領被害が無かったとしても

 

可能性があることを認識したほうが良いかもしれませんね。

 

 

そして、

「私はスタッフを疑いたくない!」

って、方がほとんどだと思いますので

 

疑う余地がない体制を作るのも

オーナーの仕事なのかもしれませんね。

 

 

 

ご参考まで(^o^)丿

 

 

 

ではまた来週!