ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

管理栄養士に食事指導を受けて気付いた【エステ|コネNews182】

【スポンサーリンク】

thinkman

「古屋さん、あなたの●●値はかなり高いですよ。 このまま放置しているといつ●●が始まるかわかりませんよ・・・」

こんな言葉を管理栄養士の方に言われてしまいました・・・

あなたな健康ですか? そしてプロに相談をうけていますか?


 

10月中旬の健康診断で●●値が高く「要精密検査」と診断され そして、先々週に病院に行ってきました。

その時のことは ドンヨリーヌのお話をさせていただきました。

そして、先週 また同じ病院に行ってきました。

hospital

やっぱり病人が集まるあの重い雰囲気に 少し慣れてしまったのを感じましたね。

本当に慣れって怖いです^^

今回は管理栄養士の先生に 私の食生活や運動・睡眠などについての 生活スタイル全般の確認と改善のお時間をいただいてきました。

30woman ※イメージ

20代後半くらいの女性の先生で にこやかにハキハキと楽しそうに会話してくれる方でした。

まさにこれから受けるのはカウンセリング。 一体どんな雰囲気で、内容で、ツッコミ具合で話してくるのか?!

とある意味ワクワクしながら お時間を頂きました。

最初に言われたのがこのコメント。 とても元気ににこにこ笑いながら。。。

「古屋さん、あなたの●●値はかなり高いですよ。 このまま放置しているといつ●●が始まるかわかりませんよ・・・」

えっ、マジかよ~ ってちょっとビビってしまいました^^;

数値が高いんだそうです。。。

最初に危機感を煽るのは 聞く耳をもたせるという意味では有効ですね。

今まで病気になったことがないので 食い入るように話を聞き、 聞かれたことにはすべて正直に話をさせていただきました。

先生:朝は何時に起きますか? 古屋:日によって違いますが8時から10時位の間が多いです。 先生:朝食は何時に食べますか? 古屋:基本的に食べません。青汁は毎日。 今後はバラプラセンタゼリーも毎日食べる予定です。 先生:運動は? 古屋:週に2回、スポーツクラブに通っています。

こんな感じで、 食生活、睡眠、運動などを聞かれました。

意図しているのかどうかわかりませんが この方の接し方として「うまいな!」と思った場面がありました。

先生:スポーツクラブに通ってるんですか?すごいですね~。 私なんか三日坊主継続できないんですよ。。。 古屋さん、すごいですね!

こんな話をされたのですが 何がうまいかって言うと 自分のちょっと弱い部分を晒すってところです。

人間、弱みを話されると心を開きますし 親近感がわきますからね。

失敗事例トークはコミュニケーションの潤滑油ですね。

そこで僕もうまく調子に乗せられ こんな調子に乗ったことを言ってしまいました。

古屋:継続するには数字の目標設定をするといいですよ。 先生:どういうことですか? 古屋:例えば僕はベンチプレスで60キロを上げるっていう目標を立てているんです。 現在は50キロ7回がマックスなのですが^^; 先生:えー、すごいですね。 50キロでもすごいですよ~(笑)

そんな感じでまた褒めてくれるので 基本的にコミュニケーションに置いては聞くがわスタイルの僕が ついつい話をしてしまいました。

的確なアドバイスをするには 患者(相談者・お客さん)の現状を出来る限り正確に 詳細に聞く必要があります。

その情報があるからこそ 的確なアドバイスが出来ますからね。

多分この方もその辺を意識して どんどん相手を調子に乗らせて 話をさせるっていうスキルに長けてるんだと思います。

興味があったので 「どんな病状の方はアドバイスしづらいですか?」 聞いてみたのですが、やっぱり特定の病状の方は難しいなど 傾向はあるようです。

syokuji_kanri

やっぱり食事制限がきつい病状の方へのアドバイスをする際には その方が、嫌がってしまって「もう私は相談はしなくても結構です。」 となってしまうそう。

毎回体重を聞かれるし、 毎回最近の食生活を聞かれるわけなので 嫌になっちゃうみたいなんですよね。

このへんも結構参考になりますよね。 いくら指導する立場とはいえ 相手が来ないくらい追い詰めちゃうと、 改善させる前に離れていってしまうわけですからね。

これは私もコンサルをさせて頂いているので とても参考になったエピソードでした。


 

ひと通り相談をさせていただき 結論としては、、、

・週2回、2日続けて休肝日を設ける(お酒を飲まない) ・毎日水(お茶)を2リットル、意識して飲む ・週2回のスポーツクラブトレーニングは継続

これを実践することにしました。 「2」がキーワードの対策です。

前向きにこの対策に取り組み そして、来年1月の中旬の再検査に望みます!

あなたもくれぐれもお体 ご自愛下さいませ!!!