読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

学歴不問?グーグル5つの採用基準とは?【エステ|コネNews155】

【スポンサーリンク】

エステシャンの採用基準は

学歴不問ですか? 経験不問ですか?

あのグーグルの 5つの採用基準とは?

グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ

 

エステシャンの採用って 簡単ではないですよね。

まずどの媒体に広告を打てば面接に来てくれるのか? 面接に来た時に何を聞けばいいのか? そして何を伝えればいいのか?

人事担当者が知っておきたい、10の基礎知識。8つの心構え。

などなど 給与設定や歩合、 拘束時間など

どのように伝えるかが とてもポイントになってきます。

求人に関しては色々と相談を受けるのですが やはり基本給が低いとそれなりの人が来てしまいますね。

ある例を挙げると・・・

首都圏で 「月給15万円・未経験者歓迎」 で募集を打ったサロンさんがあるんですが

その時にはこんな方が採用されました。

  • 年齢40代後半
  • 女性
  • エステシャン経験なし

営業経験があるっていう話だったので オーナーさんに採用しても良いのではないかと伝えたのですが

蓋を開けてみると結構なクセモノでした・・・

休憩時間中には お客様の目に触れる可能性がある場所で 「タバコをプカプカ」

smoker_womon

それを指摘すると 喫煙ボックスでタバコを吸うようになり 戻ってくると体中がタバコの臭いに・・・

タバコ以外にも いろいろある方だったのですが 喫煙者を採用するのは基本的にはやめたほうがいいですよね。

喫煙エステシャンの方々 ごめんなさい(^_^;)

でもまずは面接に来てもらうことからスタートなので 大手でもない限りあまり制限をかけるのは難しいですよね。

ということで気になる記事があったので シェアしたいと思ったのですが、 あの誰もが知る世界の会社「グーグル」 の採用基準です。

グーグルの採用基準

  1. 学ぶ力
  2. リーダーシップ
  3. 謙虚さ
  4. 自発性
  5. 専門知識

グーグルは潜在能力を備えているかを最重要視するので 5.の専門知識は残りの4つに比べて 一番重要視していないとのことです。

最近の傾向としては 大卒の資格を持たない人間が増えている ということです。

つまり学業が優秀だった人間が 必ずしもグーグルという組織で活躍できる というわけではないといいうことです。

日本では未だに学歴社会ですが 本場アメリカでは学歴だけでは無いようです。

個人経営のエステサロンですと 優秀な人材が面接で来るということは かなりのレアケースだと思われます。

なぜなら 優秀な人材は自分で起業をするか 待遇のよい大手サロンに就職する傾向があるからです。

その為グーグルが採用基準に上げているように たとえ今現在は専門知識がなく エステ業界未経験であったとしても

残りの4つ 1.学ぶ力 2.リーダーシップ 3.謙虚さ 4.自発性

を持っている人材であれば 採用しても育てがいもあるかもしれません。

私がコンサルをさせて頂くサロンさんで 成長を遂げられる方の特徴は とてもシンプルです。

このグーグルの基準にあるように 1.学ぶ力 3.謙虚さ

を持っている方です。

実際にこのような方にアドバイスをさせていただくと 驚くほどのスピードで売上をあげられるようになります。

グーグルの5つの採用基準は 大企業だけの指標では無いのではないでしょうか?

サロンの面接に来た方が お店に貢献してくれるかどうかは

「学ぶ力」「謙虚さ」を中心に 「リーダーシップ」「自発性」があるかどうかを見極めることで 有力な戦力になってくれるかどうかがわかるかもしれませんね。

ではまた来週です!