読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

グリーン車でわかるJRの逆お客様目線【エステ|コネNews149】

【スポンサーリンク】

先日グリーン車に乗って改めて思ったんです。 「ココが変だよ、JRさん!」って^^

なんだかお客さん目線じゃないな~


 

車での移動が中心の方は あまり電車に乗られないと思うのですが、

私は移動は電車派なので JR、特に東海道線湘南新宿ラインだと グリーン車によく乗ります。

何と言っても電車内で仕事が出来ますし 仮眠をとることもできるのが魅力ですよね。

座席の上に「グリーン券情報読み取り部」 っていうのがあって、 スイカのカードか、モバイルSuicaスマホ)でタッチすると 車内改札が省力されるシステムです。

つまり、 グリーン券代を支払った証明となります。

操作はこんな感じ↓ http://www.jreast.co.jp/suica/use/green/use_system.html

ちょっと違和感を感じるポイントがありませんか?

僕はココにずっとひっかかっていたんです^^;

引きで見るとこんな感じ green

お客さん目線で考えると「逆なんじゃないの?」 って感じる部分があるんですが分かりますか?

・・・・・

・・・・

・・・

・・

ランプの色です。

お客さんが料金を支払って 上部の「グリーン券情報読み取り部」にタッチすると 赤が緑になります。

料金を支払って席に座ると「緑」

空席は「赤」と言うことです。

なんか変じゃないですか?

お客さん目線ですと

・「赤」はダメ(座れない) ・「緑」は大丈夫(座れる)

って思いませんか?

プラレール J-10 信号機

例えば、信号。

「赤」は進んじゃダメ。 「緑」は進んで大丈夫。

パーキングだと

「赤」は駐車できません。 「緑」は駐車できます。

一般的には OKが緑、NGが赤っていう認識は 大半の人の共通認識だと思います。

では、なぜJRは逆なのか???

私の推測ですが 企業体質として無意識に「JR目線」で 色を決めたんじゃないかって思うんですよね。

もともと国鉄ですし 民間になったといっても 根っこの部分に御上体質が残ってるのではないかと。

※関係者の方、ごめんなさいm(__)m あくまでも個人的意見です。

JRから見ると 「緑」=OK=お金払ってる。 →乗客が座っていても、お金を徴収する必要は無い。

「赤」=NG=お金を払っていない。 →乗客が座っていたら、お金を徴収しないとならない。

どうです?

お客さん目線でなくて JR目線ですと、

「緑」OKと「赤」NGが見事に一致するんです。

つまり、 サービス業的な目線で見てしまうと

JRはお客さんへのわかりやすさより 料金の聴衆漏れをしないことを優先して 色を決めたのでは無いこと言うことです。

う~ん。 たぶん間違いないんじゃないですかね・・・。

慣れれば逆にしても全然問題無い と思うんですけどね。

緑ランプに乗客がいたら 徴収すればいいだけですからね。

同じようなことを、 サロンでやっていませんか?

別に逆にしても問題ないんだけど お客様よりもお店の都合でしてしまっていることが。

こういうことはオーナーさんお一人では なかなか見えない部分も多いと思うので

スタッフとのミーティングで意見を吸い上げたり 第三者(直接のサロンメンバー以外の人)に話を聞くのも とても有効だと思います。

JRさん、いつもお世話になっているのに チョット悪いコト言っちゃって すみませんでしたm(__)m

では、また来週です。