ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

ビジネスセミナー~できる店舗のLINE@活用術~参加レポート【エステ|コネNews139】

【スポンサーリンク】

オーナーさんのお店では 今時の営業スタイルで運営していますか? マーケティングからクロージングまでの一連の流れですが。

実は今日、こんなニュースがありました。 「将来シミだらけに…」うそ言って販売容疑 エステ経営者ら4人逮捕

新背景カタログカラー版 8繁華街編: 渋谷・原宿・新宿・秋葉原・浅草周辺・池袋・下北沢・吉祥寺・新大久保・中野・高円寺・阿佐ヶ谷・横浜

キャッチのお兄さんが繁華街で声を掛けて エステサロンに勧誘して、虚偽のオーバートークとで 高額なクレジット契約を組ませる。

かなり旧タイプの営業ですね^^

記事はコチラ

今時のマーケティング手法としては LINEが注目を浴びています。

サクマ製菓 LINEドロップス 60g×6袋

まっ、知らない人はいないと思いますが、 LINEの本社に行ってきたのでレポート&検証しちゃいます!


 

そもそもなぜライン本社に行ってきたかというと LINE@というサービスがあり、 エステサロンの店舗集客で有効かもしれないと思い 情報収集で行ってきました。

既にエステサロンで導入しているお店もあるかもしれませんが こういうサービスはしっかりと特性を理解し 戦略と継続が必要です。

ということで、 サービスの特性を理解するために 『LINE@ビジネスセミナー ~できる店舗のLINE@活用術~』 に参加してきました。

渋谷のヒカリエにオフィスが入っているんですが 上層階だったこともあり、かなり眺望が良かったですね。

officeは壁がラインの鮮やかなグリーンで壁が塗られていて 出迎えてくれたスタッフはみな、明らかに20代。 結構ラフな私服姿でした。

やっぱり、今をときめく会社は officeもスタッフもセンスあるな~

って感じでした。

LINE@公式ブログはコチラ http://blog.lineat.jp/

LINEは無料通話と無料メールが出来るスマートフォンアプリのことです。

携帯電話のショートメールと同じように 電話番号に紐付いた相手方とメールが出来ることが大きな特徴です。

つまり、メールですが相手を特定するのが メールアドレスではないということです。

そしてもう一つ特徴を上げると LINE特有の「スタンプ」という仕組みがあり、 コミュニケーションの一つとしてイラストを送ることで 文章とはまた違った次元の感情表現が出来ることが受け 日本を始め世界的に爆発的な普及をしています。

プライバシー設定からLINE Playまで LINE完全活用ガイド

その数何と、昨年暮れの段階で 「3億」ユーザー。

日本は4,900万ユーザーなので 約6分の1のシェアになります。

ユーザー属性は意外ですが、 性別は男女比がやや女性が多いもののほぼ半々。

年齢は30代以上が過半数

つまり、 「若い女の子が中心に使っている」 というわけではなく 「(シェアでみると)大人の男女がメインで使っている」 ってことがわかります。

確かに PCのメールは出来ないけど、 LINEのレスはめっちゃ早いオーナーさんって 結構いたりします(笑)

今回説明を受けてきたLINE@は お店のLINEでお客さんと友達になって、 一括でメッセージ送信ができるサービス。

個人のLINEとの違いは

  1. 友だちに対して一括送信ができる
  2. PRページの作成・配信
  3. 管理画面で統計情報が見れる
  4. ホーム画面でお店情報を設定

これが特徴です。

ここでLINEの社員さんに教えてもらった裏技を一つ教えちゃいます。 ※LINEに詳しい方は知っているかも^^

LINEのTOPページから 「その他⇒友だち追加⇒ふるふる」 と進んでください。

で、スマホを「ふるふる」するか タップ(軽く指でたたく)してみてください。

すると「周辺の公式アカウント」という 友だち候補が出てきます。

つまりこれは 現在地周辺でLINEアカウントを 商売で使っている店舗や会社ということです。

やってみて結構あったんじゃないですか?

やってみるとわかるんですが、 エステサロンはあまりなく、 ネイルサロンや整体などはちらほらあります。 ※場所によります。

僕なりにこのサービスの有効性を考えてみましたが 総合エステサロンにはあまり向きません。

それはなぜか?

セグメントが出来ないのです。

ライン友達にメッセージを送る際には 友だち全員に送ってしまうシステムなので

友だちになったけど、その後全然来ていないお客さんにも 何年間もずっとお店に通い続けている人にも スタイル抜群の細い人でフェイシャル客にも おデブちゃんでお顔の肌は文句なしの人にも

同じメッセージが届いてしまうのです。

だから、一つの商品やメニューに特化していれば 効果を得やすいと思いますが、 痩身、フェイシャル、リラク、脱毛、まつ毛、、、 など何でもやってるようなサロンさんには不向きです。

例えば、 痩身●●キャンペーン! っと告知しても、細身の脱毛客には響きません。

だからLINEの成功事例で出た業態は ネイルサロンでした。

「ネイル」だけやってる店なので ネイルの告知をすればすべてに人が告知の対象者であり

「何で私にネイルの告知してくるの?」って人は当然いません。

おうちでできるジェルネイル基本BOOK

説明会で質疑応答の時間があったので、 僕はLINE@がセグメント送信できないことのネックを感じたので こう質問してみました。

「LINE@はセグメント送信ができませんが、 今までメルマガを利用していた店舗はLINE@導入後 メルマガをやめるのですか?それとも併用ですか?」

こう聞いてみました。

どんな答えだったと思います。

「メルマガを運用していた店舗様は、 メルマガはそのまま利用しつつ、 友達全体に告知してもいい内容に関しては LINE@を利用する傾向にあります。」

こんな回答でした。

ということで、 LINE@は直接スマホにメッセージが届くので セグメント送信が必要でなければ到達率も高く有効。

とくにネイルやまつ毛、マッサージ等 一カテゴリーのみで運営している店舗には使い易いツール。

総合サロンで運営している場合には セグメント送信ができないので、 受信者にとって不要なメッセージが届くことになる。

その為、かなり考えて利用しないと マイナスにすらなる。

その為、サロンの規模にもよるが 「顧客管理システム等を利用したメルマガ」 とLINE@の併用であれば効果はあると思われます。

実際の導入事例で話しているわけではないので あくまでも机上の空論ですが、 ネイルサロンの様に、一つのカテゴリーのみで運営する場合には かなりお勧めです。

総合サロンの場合には メルマガとの併用や カテゴリーごとにLINE@を利用することもひとつの方法です。

最後にLINE@を成功させるポイントの一つを教えちゃいます。

もちろん色々な成功ポイントがあるんですが、 わかりやすい一つだけをお知らせしますね。

その一つとは、、、

配信頻度です。

どれくらいの間隔でメッセージを配信するか。

月1? 10日に1回? 週1? 毎日?

どれが正解だと思います? 正確には正解というより、 現時点での運用成功者の配信頻度の傾向ですが。

正解は、、、

週1~週2回配信です。

これくらいの配信をしているお店や企業が 配信後の売り上げ増加や、 店舗認知度のアップなど、 効果が検証されているということなんです。

ということで、

『LINE@ビジネスセミナー ~できる店舗のLINE@活用術~』 レポートでした!

ではまた!

★激安エステ体験があったのでご案内します!調査にオススメです!★ 体験価格1,050円で-8cmやせると告知しているエルセーヌ。 どんな技術なのか?どんなカウンセリングなのか?どんなアフタフォローなのか? などなど、サロン運営のヒントが盛りだくさんだと思いますよ。 エステ 渋谷