読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

エステシャンの気持ちは表情・目・声に現れる【エステ|コネNews128】

【スポンサーリンク】

既に周知の話ですが みのもんた氏の次男が窃盗未遂容疑で逮捕されました。 そして起訴猶予となり、事件は終焉を迎えそうです。

賛否両論ありますが みのさんの本件における謝罪会見で こんな場面にもかかわらずみのさんは笑ってしまいました

口説きながら麻布十番 duet with みの もんた(Type A)

その訳は・・・


 

みのさんは息子さんの窃盗未遂事件に関して 自分の教育に何か間違いがあったとして、 30歳過ぎの大人の子供が犯した罪を父親である自分も社会的責任を取ることを決断しました。

帯番組を辞めることです。

今回の記者会見では 目に涙を浮かべる場面もあったんですよね。

いろんな思いがあると思います。

子供に対して、 仕事に対して、 社会に対して、、、。

そんな記者会見ではあったんですけど 思わず笑ってしまった場面があったんです。

こんな厳粛な場面にもかかわらず。

なぜだと思ます?

みのさんのセクハラ疑惑に記者が触れたからです。 一部ではアナウンサーの体を放送中に触ったとして ユーチューブにもアップされている疑惑があります。

その件に触れられた時に思わずみのさんは笑っちゃったんですよね。

完全に気持ちが出ちゃって 「そんなわけねーだろ」って思ったのか 「やべ、今それに触れる?」って防御反応で笑ったのかのどちらかでしょう。

みのさんほどの人でも 気持ちは表情や態度に出ちゃうって事ですね。

 


 

先日メールでお声がけをいただいたエステ系の とある企業の営業マンと会いました。

メールでのアポイント提案だったので 会うまで全部メールでやり取りをしました。

だから全部で日程調整もあり 4往復位のメールをしました。

良くあることですが一回目のメールで 古谷様 と宛名に書かれていました。 実際は古屋です。

まあ良くあることなので初回は気にしなかったのですが 二回目のメールも「谷」だったので ?って思いました。

一回目も二回目も署名を文末に入れているので ぼくの漢字は表示されているのです。

で、三回目のメールでいたずら心もあり ちょっと本文にこんな内容を入れてみたんです。

お世話になります、古「屋」です。 ※「谷」ではないですよ、っと伝えるために。

そして4回目のめーるをいただいたときに どうなったと思います?

古谷様 お世話になります。

ときたんです。

つまり気づいてくれていないんです。

この人は営業マンとしてはきついな~ って思いながら会うことに。

初回の打ち合わせは商品の全体概要を伺い 商品は結構よさげだったのでもう少し詳細が聞きたいと思ったので 再度アポイントをとることにしました。

そして先日二回目のお話をしたんです。

突っ込んだ質問をすると すぐに会社の上司に確認の電話。

PCでプレゼンしてもらたんですが 操作もおぼつかない・・・

明らかに 「やっべ、操作がうまくいかない。  この人俺の知らないこと質問してくるよ~(>_<)」 って顔してるんです。

時間がもったいないなーと思い、 聞いてみたんです。

「あんまり商品のこと知らないのですか?」

すると・・・

「ぶっちゃけ知りません」 「三年前に入社して、半年前に今の部署に移動になりまして それで私は提携パートナーを開拓する仕事なので、 商品の詳細はあまり分からないのです。」

うん~

半年あればけっこうできると思うんですけどね。

で、話しにならなかったので 再度専門の担当者を呼んでもらい、 予定を組みなおしました。

商品が魅力的だったんです。

で帰りに 「これから会社に戻るんですか」 と聞くと

満面の笑みで 「今日はこのまま帰ります\(^o^)/」

いわゆる直帰ですね。 サラリーマンにとっては会社から自由を与えられた 一種のプレゼント。

ちょっとわるい例なので大変恐縮なのですが 感情や考えてることって顔に出るなーと。

目は口ほどにものを言うっていうのは本当ですね。

良くあるエステシャンの売れませんトークで 第一位は・・・

お客様に金額が高いと言われると 話しが終了してしまいます。

ということです。

この時も、当然 顔に、目に、エステシャンの気持ちが如実に表れます。

この時に気持ちの中で本当に 「この内容なら安い!」 「これはお客さん本当にやったほうがお得だな!」

って思ってると それが全て目に、顔に表れお客さんに伝わります。

するとどうでしょう? だんだんお客さんも金額自体は置いておいて 価値と比べるとコスパ高いんじゃない? なんて思ってくれるかもしれません。

これは本当に自分にも言い聞かせなくちゃいけませんが 考えてることって、表に出ちゃいますよね。

だからまずは エステのカウンセリングトークを例に言うのであれば まず、商品(メニュー)のことを熟知して 本当に良いと思うことが大切ですね。

ご参考まで!

<PS.書籍紹介> ■神奈川県 謎解き散歩 (新人物往来社文庫) やっぱり人は自分の生まれ育った町が好きになるんでしょうね。 ということで僕が生まれ育った神奈川県に関する書籍を読んでみました。 良く県内でも話題になる「湘南」といはどこを指すか?という問題ですが 正解は・・・。 ないらしいです(笑)