ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

クレジットカード決済導入は国内or海外決済代行業者のどちらにすべき?

【スポンサーリンク】

f:id:furuchin:20180213201103j:plain

 
クレジットカード決済を導入する際に
国内決済代行業者と海外決済代行業者のどちらにすべきか
判断に困ったことはありませんか?
 
 
特にエステや結婚相手紹介サービスなど
「特定継続的役務提供」の対象となる業種の場合は
国内か海外かどちらか悩むと思います。
 
 
国内だとコース契約(前受け金)が決済できないし、
海外だと嫌な噂を聞くし。。。
 
 
国内と海外とでは
サービス内容やクレジットカードブランドとの
取引形態が全然異なります。
 
 
そこでまずは両者のことについて
取引に関係する会社と構図をみてみましょう。
 
 
 
■国内決済代行業者
 
ブランド(VISAなど)
国内カード会社(三井住友カード株式会社など)
国内決済代行業者
加盟店(導入店舗など)
 
 
■海外決済代行業者
 
ブランド(VISAなど)
海外の銀行
(エージェント会社)
海外決済代行業者
加盟店(導入店舗など)
 
 
大きな違いはブランドと決済代行業者の間に入る会社が
国内カード会社か海外の銀行なのかという点です。
 
 
国内のカード会社は
加盟店の審査が厳しいのが特徴です。
 
加盟店が消費者に悪意があることを行ったり
決済が終了し入金後に、消費者にサービスの提供をせずに
倒産や蒸発してしまうことがあるからで。
 
そんなことになればカード会社は
消費者に補填が発生する可能性もあります。
 
さらにブランドから取引の終了や
取引条件の悪化などの可能性もあります。
 
 
一方、エージェント会社は審査が緩いです。
海外決済代行業者にお任せです。
 
その為、加盟店が不正や消費者にサービスの提供を怠ったりすると
悪さをした加盟店以外の代理店にも、入金がされない場合があります。
 
 
カード導入者としては
国内だと審査が厳しく、前受け金契約が決済できない。
 
海外だと審査は緩く前受け金契約も決済できるが、
入金されないリスクが国内に比べ高い。
 
 
クレジットカード決済導入は
国内or海外決済代行業者のどちらにすべきか?
 
お勧めなのは両者の営業マンの話を聞くことです。
 
上記の構図を認識したうえで、
国内と海外決済代行業者の違いを包隠さず
話してくれるかを是非確認してみてください。