ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

マスクにうがい、効果無いインフルエンザ対策してません?

【スポンサーリンク】

f:id:furuchin:20171207204306j:plain


インフルエンザを予防するには
マスクをしたりうがいをしたりすることが大切。


そう思っている人は多いですよね。


ワクチン接種すれば
インフルエンザにはかからない。


そんな風に思っている人も
かなり多いのではないでしょうか?


「インフルの予防接種したから大丈夫!」

なんて会話をこの季節になると
耳にすることがありますからね。

 


でも、これらの認識には
誤解だらけのようです。

 

まず、ワクチンを接種したらインフル予防になる
という認識について。


正解は、、、


予防にはならない!


ワクチン接種はあくまでも
インフルになった場合に症状を軽減できるだけ。


えっ?

って思いますよね。

 

自動車に乗った時にするシートベルトと同じようなもので
事故った時に被害を軽減することができるってことなんです。

 


じゃあ、マスクをしたりうがいをすれば
予防できるでしょ!って思っちゃいますよね。


でも実は、、、

マスクは繊維の目が粗いため
インフルウイルスは口に届いてしまう。

その為、マスクの予防効果は
かなり限定的。

 


じゃあ、うがいでしょ!

そう思いたいですよね。

 

でも、、、

インフル予防にうがいは効果が期待できないとされていて
厚生労働省が発表しているインフル対策でも
うがいが明記されていないんですよね。。。

 


じゃあ、どうしたらインフルにかからないで済むの?


その方法とは、、、

「手を洗う」「顔を触らない」「軽い運動」です。

 

インフルエンザの感染は
ウイルスが付着したドアノブや手で
目や鼻をこすることにより感染するんですね。

なので、手を洗い顔を触らなければ
インフルウイルスに感染することを
避けることができるってことなんです。


また、軽い運動をすると
免疫機能を正しく働かせることができるので
インフルに感染しにくい状態になれます。

 

ということでここまでお伝えした内容は
ドクターのコメントを元にお伝えしましたが
いろんな見解があると思うので自己責任でお願いします(笑)


ちなみにマスクは自分を守るという意味ではあまり効果なしですが
人にうつさないようにするという意味では効果があるようです。

なぜなら唾液や鼻水などに含まれたウイルスは
ブロックできるからです。

 

 

軽い運動をして免疫力を高める。
ウイルスに触れないように、手洗いをし顔を触らないようにする。

もしインフルになっちゃったら
周りの人に移さないようにマスクをする。

 

これを意識して
インフルシーズンを快適に過ごしましょう!