ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

女性が●●●小僧!?2017東京モーターショーで時代の変化を痛感

【スポンサーリンク】

f:id:furuchin:20171112114238j:plain


今回も東京モーターショーに行ってきました。
もう一週間前の話ですが。。。(笑)


それにしてもすごい人でした。
最終日の11月5日(日)の午後から行きましたが
半分渋谷のスクランブル交差点状態でした。

f:id:furuchin:20171112114325j:plain


ちょっと残念だったのは、
出展していないメーカーがあったことですね。


フェラーリ、マセラティ、ランボルギーニなど
なかなかお目にかかれないメーカーも
昔は出展してたんですけどねぇ。

 


2年前の記憶では「水素」の時代が来る、
と感じた回でした。


関連企業が水素の充電ステーションを出していたら
水素自動車時代の到来を予感させる回でした。


でも2年後の今回は
完全に電気自動車にシフト。

ハイブリッド車がとても多かったですね。


次のモーターショーでは
自動運転がよりリアルになっているでしょうね。

 


今回特に感じたのが
男性モデル(コンパニオン)の台頭です。

f:id:furuchin:20171112114411j:plain


モーターショーといえばカメラ小僧。

そうです、コンパニオンを標的に
写真を撮りまするカメラマン達ですね。


なぜ男性コンパニオンが台頭したと思ったかというと
女性客が撮りまくってるのです。


本格的なカメラではなくスマホでの撮影ですが
とにかく撮りまくっています。


そういう女性はたいがい女性二人組。


そしてさらに意外なのが男性カメラ小僧達が
男性コンパニオンのことも撮りまくっています。


友達にカメラを渡し男性コンパニオンとの
ツーショットを撮ってもらってる若者を
何人も見かけましたし。

 

一昔前であれば
女性がカメラ小僧になるなんてあまりなかったと思います。

f:id:furuchin:20171112114432j:plain

スマホの普及により
写真を撮ることが特別な行為でなくなった
というのが大きいのかもしれませんね。


更に、写真は女性が撮られる対象という空気が薄れ
女性も主体的に男性を撮るという文化が
生まれてきてるのかもしれません。

 

今回は若者と女性客が多いと感じました。


実際にデータとしても2017年は以下の通りでした。

男性:前回開催82.3%→今回75.9%
女性:前回開催17.7%→今回24.1%

15~19歳:前回開催4.2%→今回7.1%
20代:前回開催18.0%→今回20.6%
30代:前回開催20.0%→今回23.6%


車というと「大人の男の趣味」的なイメージがありますが
若者が増え、女性が増えていますね。

 

カメラ小僧化した?!女性たち。
男の趣味の領域に進出してきた?!女性たち。


これからはますます「女性」が活発になっていう
時代になるのでしょうね。