ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

「中年」は何歳から何歳まで? ※ヒントはテニス肘

【スポンサーリンク】

f:id:furuchin:20170922125024j:plain

 

昨日、自分が「中年」だということを
まざまざと感じる出来事がありました。

 


実はここ一ヶ月以上左ひじに痛みがあり
先週、新宿の整骨院に行ってきたんです。


そこでの診断結果は、、、


このように整体院の先生に言われました。
30歳くらいの女性の先生でした。

 


「原因は不明です。
骨はおそらく折れていないと思いますが

もしかしたら、骨にダメージがあるか
腱が損傷しているのかもしれません。

定期的に通院して
様子を見てはいかがでしょか?」


そのように言われ
その日は電気治療を受けて帰宅しました。


翌朝はほんの少し痛みが和らいだような気がしましたが
すぐにいつもの痛みが出るようになりました。


「ひと月もずっと痛みが続き、なんか気持ち悪いな~」

 

そんな風に思うようになり、
昨日、整形外科に行ってきました。


病院でレントゲンを撮り
問診を受けると、さらっと先生が言った言葉は、、、

 

「テニス肘ですね」


聞いたことはありますが
全然意味は知りませんでした。

 


テニス肘とは

中年以降のテニス愛好家に生じやすいので
そのような名称になったそうです。

 

症状としては物をつかんで持ち上げるような動作をすると
肘の外側から前腕にかけて痛みが出現するものとされています。


まさしく僕の症状そのまんまです。


問診の時に先生にただいた資料が
コチラです。

f:id:furuchin:20170922124716j:plain

 

f:id:furuchin:20170922124743j:plain


このチラシを読んだ時に目に飛び込んできたのが
「中年」という文字です。


冷静に考えれば現在41歳の僕は「中年」。

 

だから中年の人に出やすい症状が出るのは
特別珍しいことではないってことです。


そうか、俺は中年なんだ。。。

 

そう思い中年を受け入れつつ
一つの疑問が浮かびました。


中年って何歳から何歳なんだ?


ググってみると
「一般的には青年(16歳~30代前半)と老年(50代後半~60代後半)」
と記載のあるサイトを発見。

※ソースはNHK放送文化研究所。


どうやら明確な定義がないようです。


NHK放送文化研究所がWEBアンケートを実施し
一般にどのように認識されているのかを調べていました。


その結果をまとめると
「『中年』は、40.0歳から、55.6歳まで」
という結果でした。


つまり世間的に使われる「中年」とは
40歳から55歳くらいの人間ということですね。

 

僕も中年オヤジとしてはまだまだ若造です。

まずはテニス肘を治して
中年オヤジを謳歌したいと思った出来事でした。


中年の皆さん、中年になると
いろんなところに変化が起こります。


そんな中年を受け入れ、中年を楽しみましょう!