ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

言いたいことははっきり言う?我慢しないことが人間関係の秘訣かも。

【スポンサーリンク】

f:id:furuchin:20170824175517j:plain


今日、ネットニュースで興味深い記事がありました。
入社10日の新人社員がある理由で上司に意見し退職したという話。


新人社員は上司と車で移動することになったときの出来事。


何も言わず、窓も空けず、
タバコを吸い始めた上司。


煙で充満した車内に我慢できなかった新人社員は
「すみません。タバコの煙は苦手なので、コンビニで吸ってもらってもいいですか?」
とやんわり伝えると。。。


上司はこんな言葉を。。。

「は? ちょっとくらい我慢しろよ」
そう言って切れたそうです。


新人社員はカチンときて
「なら辞めます。降ろしてもらってもいいですか?無理なんで」
と言い放ち、そのまま車を降りて会社を辞めました。


ーーー

この新人社員はヤフー知恵袋に投稿した相談者で
そのやり取りをニュースサイトが記事にしたものでした。


相談者さんは
「こんなクソ上司の下で働いても続くわけがない。やめて正解だと今でも思っている」
「上司と僕、どっちが悪いと思いますか?」
とヤフー知恵袋に投稿したところ、、、


「こんな程度でキレて辞めてたらどこでも務まらない」

など否定派が多数だったようです。

 

僕は相談者の新人社員が辞めたのは正解だと思います。


新人が直属の上司を変えることは困難ですし
車の中で断りもなく、窓も開けずにタバコを吸い始める人間。

同乗者が嫌がっているにも関わらず、
タバコを辞めず我慢しろと言うような人との元で
仕事をするのは酷ですからね。

 

この新人社員がどんな言い方で、表情で言ったのかにもよりますが
「我慢しろ」というのは普通じゃありません。

 

ーーー

実は最近ボクも同じような場面に遭遇しました。
弊社の商品を提案する打合せのときのことです。

喫茶店で打合せをすることになっていて
指定のお店で待ち合わせをしたんです。


その時、相手の方(Aさん)は喫煙席で待っていて
同席するように言われました。


その時僕はAさんにこう言いました。
「タバコ苦手なので禁煙席に移動していただいても良いですか?すみません。」


Aさんは全く嫌な顔せず
禁煙席に移動してくれました。


僕が禁煙席に移動したい旨をお願いする直前
2つの考えが浮かびました。


1.取引先になるかもしれないから
タバコを嫌がるようなことは言わない方がいいのではないか。

2.取引先になるかもしれないからこそ
禁煙席で打ち合わせしたい旨を正直に伝えよう。
長くお付き合いするのに毎回我慢していたら関係が続かない。


一回きりの打合せであれば
別に煙を我慢して波風立たせずに
早めに切り上げたかもしれません。


でも僕は長期に渡って良好な関係を築きたかったので
我慢せずに本音をお伝えしてみたんです。


Aさんは器の大きな方だったので
特に不快感を露わにすることもなく
継続的な関係を築くべくやり取りをしています。

 

ーーー

ときには我慢も必要かもしれませんが
長期的な関係を築きたいのであれば
言いたいことは言って、出来る限り我慢しない関係が良いですよね。


だから、新人社員が会社を辞めたのは
正解だと思います。

 

長く良好な関係を築きたい相手にこそ
言いたいことは言葉を選びながら伝える。

逆に誰かが言いたいことを言ってくれた場合には
そのことを受け止める。


これが人間関係では
ストレスを作らない方法ですね。

 

言いたいことははっきり言う。
我慢しないことが人間関係の秘訣ってことですね。

 

言われて初めて気が付くことも多いので
意見や指摘をしてくれる人を大切にしたいものですね。