ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

【歯科医選定法】もうこれ以上、歯を削らないで!

【スポンサーリンク】

f:id:furuchin:20170803181507j:plain

古屋さん、虫歯ができてますね。
これは削ったほうがいいです。。。


そういわれて、私は歯医者を変えました。


ーーー


歯を削るように勧められたのは
もう3年以上定期検診をしてきた歯医者さん。

 

とても良い歯医者さんで
歯石落とし、クリーニングに一時間くらいかけて
念入りにしてくれるのが魅力でした。


そんなよい歯医者さんだったのですが
三か月ほど前に軽度の虫歯を指摘され、
削ることを勧められました。

 

定期検診が終わり、
「では次回の(歯を削る虫歯治療の)予約はどうしますか?」

と言われ、
その場では予約を取らず、回答を持ち帰りました。


3年も定期的に通っていると
その歯医者さんの言うことならすべて正しい
そんな風に思いがちでした。

 

ただ、同じような軽度の虫歯を発見され
削る治療をしていただいたのですが
その後、食事のたびにそこに食べ物が詰まるようになりました。


それもありできる限り歯を削りたくない思いが強くなり
他の歯医者さんで見てもらうことにしました。

 

ーーー

相談に行った歯医者さんでは
現状と思いを伝えました。


●行きつけの素晴らしい歯医者さんで
歯を削る治療を勧められている。

●その歯医者さんで現状と同レベルの
軽度の虫歯で治療をした個所に
食べ物が詰まるようになった。

●できる限り歯を削りたくない。
削らなければならないレベルなのか?

ーーー

この三点を確認しました。


カウンセリングの後は
口内の写真撮影、レントゲン撮影。

そのデータをPCに落とし込み
モニタで現状を説明してもらいました。


その歯医者さんの判断としては
「確かに虫歯の可能性はある。でもレントゲン写真では虫歯と判断できるほど黒くなっていない。経過を見てみないと何とも言えないが、早急に歯を削るレベルではなく様子をみてみてはどうか」


このようなコメントでした。


そしてもう一つ興味深い話を聞けました。


それぞれの歯科医によって
虫歯治療のポリシーや技術は異なります。

古屋さんの状況で歯を削ることを勧めるのが
一概に悪い判断とも言えません。

小さな虫歯と疑われるレベルでもすぐに削って
悪化を最小限にする考えもあれば


虫歯が確定していない状況であれば
できる限り歯を削ることは避けて
経過を見ていくという考えもあります。

 

それは一つの歯科医の中でも
ドクターそれぞれ考えが異なる場合もあります。

 

言われてみれば当然ですが
歯医者さんも人間。

治療ポリシー、技術、経験、年齢などなど
人それぞれです。

 

幸いなことに歯科医は全国にあふれかえっています。


Wikipediaによると
平成22年度調査で初めて歯科医師数が10万人を突破
東京都内では1日1軒のペースで廃院
コンビニエンスストア店舗数より歯科医院数が多い
※コンビニ数の1.6倍、2011年
※日本医師会によると2014年の歯科診療所数は68,592


これだけ歯医者さんは飽和状態なので
患者側にとっては歯医者さんを選び放題です。


お勧めの歯科医選定法は
いくつかの歯医者さんに定期健診で通院して
比較検討することです。

 

現在通院している歯科医では、クリーニング後に以下の書類をくれました。

f:id:furuchin:20170803181548j:plain


定期健診でクリーニングしてもらう中で
技術力やカウンセリング力の比較ができます。

あとは虫歯を指摘されたときに
自分の理想と異なる提案をされたときには
他の歯科医でカウンセリングを受けることです。

 

例えばA歯科で歯を削るように指摘されたら
B歯科で削らなければならないのかを確認する。

そんな感じですね。

 

身近に医療従事者がいない人からすると
歯医者さんは権威のあるドクターだと思うかもしれません。

でも、業界の現状としては
患者は歯医者さんを選び放題という現実があります。


だから、自分の納得のいくポリシーや
先生を積極的に探してみてはいかがかと思います。


歯は命ですからね~。