ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

反面教師!相手によって態度を変えるべきでないと気が付く事例

【スポンサーリンク】

f:id:furuchin:20170719165728j:plain

「このハゲ~~~~~!」

最近では幼稚園や保育園で
園児が相手をからかう時に使う流行語のようですね(笑)


相手によって態度を変える代議士と言えば
豊田真由子さんですが
世の中のあらゆるところにこういう人は存在します。


人間関係がある相手へのケースもあれば
初対面や面識が無い人間関係でも
相手に対して豹変する人がいますね。

 

先日、あるお店に仕事の電話をした時のこと。


古屋:
もしもし、お問合せ頂いた件で電話した古屋ですが、
●●さんはいらっしゃいますか?

女性:
どちら様ですか?

古屋:
●●の古屋と申します。
●●さんはいらっしゃいますか?

女性:
どういったご用件ですか?

古屋:
●●の件です。

女性:
えっ、そんな話し知らないけど。
何の用なの?(罵るような強い口調)

古屋:
(・・・。何でタメ口?営業電話と勘違いか?)

お問合せ頂いたので電話したんですけど。。。


女性:
あっ、あの件ですね。
ちょっと質問があったんですけど、やっぱり結構です。

ーーー

会社に問合せの電話をこの女性から頂いたのですが
おそらく僕の電話を営業電話だと思ったらしく
とても感じ悪く電話対応されちゃったんです。


普段、いろんな業者さんから
電話営業を受けているのでイラツイているんでしょう。

でも、自分が問い合わせしてその折り返しの相手に
営業電話と勘違いしてタメ口&強い口調で話しちゃうのは
この方の人間性が出ちゃってますよね。

 

FAX広告を出すときがたまにあるんですが
その時の反応も相手の人格が出ます。

もちろんFAX広告を受ける側の方で
不快な想いをされている方がいるのもわかります。

その為、FAXを送らないで欲しい旨の連絡を受けたときには
すぐに送信先リストからの除外設定をしています。


そんなFAX広告でこんな事がありました。

ファックス用紙一面に手書きで
「迷惑!もうFAXを送ってくるな!」

文字からも不快な様子が見て取れます。

宣伝行為なので「ごめんなさい」と思いつつ
こんな返信して大丈夫なのか?
って思っちゃうこともあります。


なぜなら、そのような怒りのFAXを返信しているのが
誰(どこの店)なのかがわかっているからです。
もちろんこのFAXを送っている方もそんなことは承知だと思います。


でも冷静に考えるとこの方は客商売をしている方で
僕の知り合いやその関係者で
その店のお客さんがいないとも限りません。


興味本位でこの方のサイトを見てみると
ブログが見つかりました。

一人でネイルサロンをしている方のようで
お客様へのメッセージが書いてありました。

「お客様へ最上級の接遇で対応します」
「ネイルをし美しくなることで、心を楽しくそして穏やかに!」
「自分にまつわる全ての人たちのお陰で私は生きています。」


というようなコメントが。


こんな方でも
裏ではA4一面に怒りの「迷惑!もうFAXを送ってくるな!」
っていう言葉を書いてFAXを送ってくるんですよね。


ーーー

電話やFAX等では
相手の顔が見えないために
イラツイちゃうんでしょうね。


実は僕も同じ様なことを
たまにしちゃいます。


この方々のようにタメ口にはなりませんが
イラつきが出てしまうことがあります。


それは、電話サポートの対応です。


パソコンが壊れた時に
カスタマーセンターに電話して
対処法を相談するときなどです。


その原因を考えてみると
まず、担当につながるまでに
長いと30分とかそれ以上待たされる。

次につながって話しても
すぐに解決できるケースが少ない。

解決しない場合には
調査後改めて連絡すると言われる。

 

待つ、解決しない、待つ。。。


顔が見え合い相手と
この流れになるとどうにもイラツイてしまいます。

人間ができた人は
そんなときでも穏やかに対応するんでしょう。


だって、イラツイたからって
パソコンが直るわけではないですからね。

 

ってことで
人間には表と裏がある。


豊田さんも言っていましたね。

「物事にはウラとオモテがあるの!」

 

表の顔も裏の顔も
両方共、自分自身。

表も裏も
できた人間になりたいものですね。


イラツキやすい方は
要注意ですね!笑