ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

老兵が吠える、久米宏がラジオで東京オリンピック組織委員会を挑発!

f:id:furuchin:20170817103332j:plain


TBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」
っていうラジオ番組をご存知でしょうか?

久米さんと言えば
ニュースステーションの司会だったことで有名な方ですね。


最近はあまりTVには出ず、
ラジオで好き勝手に暴言を吐いています(笑)


70代にも関わらず頭はキレキレ。
教養があり話もうまいため、とても楽しく
そして勉強になる番組です。

 

2017年8月12日(土)の番組で
冒頭のフリートークは圧巻でした。


以前から頻繁に主張している
2020年東京でオリンピック反対について
組織委員会とのおもしろエピソードでした。

 

8月9日(水)の東京の気温が37.1度だったことを引き合いに
奇しくも三年後の8月9日はオリンピック閉会式が行われます。
男子マラソンも開催されます。


なぜこの日にオリンピックをするのか?
こんな熱い日に開催するのは
選手のことを考えていないのではないか?


そのような主張をしていた久米さんですが
その開催日程に関して組織委員会から
番組に手紙が届いたのでした。


手紙の内容は開催日程に関しての理由を述べたもの。


IOCの理事会が出したオリンピック招致の条件に
7月15日から8月31日の期間に開催することとあり
「組織委員会が真夏の期間での開催を決めたわけではない」
という主張でした。


この手紙の内容に久米さんは
「バカ」「語るに落ちる」と酷評の発言。


IOCが決めた期間だから仕方ない、
このコメント自体がスポーツを愛していないこと丸出し。
アスリートのコンディションを考えていない。

と切って捨てたのです。


アスリートファーストではなく
招致ファーストであると。

 

確かにおっしゃる通りですよね。
東京の真夏でのオリンピック開催は
アスリートにとってよい環境ではありません。


「語るに落ちる」という言葉がピンとこなかったので
意味を調べてみました。

意味は、
かってに話させるとうっかり秘密をしゃべってしまう。

 

つまり久米さんが言いたかったのは
組織委員会からかってに手紙を送ってきて主張をしてきたけど
うっかりスポーツを愛していないということをばらしちゃったってこと。


なるほど。


その他にも

前回のレガシーとなった東京オリンピックと同じく
10月10日開催にするよう交渉しててはどうか

真夏の開催はアメリカの三大メディアのお金の問題

長崎に原爆が落ちた日にオリンピック、東京で馬鹿騒ぎ。
原爆のことをなかったことにしてしまおうとしてるのではと
ゲスの勘ぐりをしている。

などなど久米節は炸裂です。


言いたいこと一通り言い終えると
組織委員会へラジオを通してメッセージを投げました。

「今回の放送の感想をぜひ番組にお寄せください、
ラジオにてまた回答いたします。」


このような挑発的な発言をし
フリートークは終了しました。


最後に付け加えていたのが
こんな言葉でした。


ラジオ番組を降ろされるかもしれない。
いつ降ろされてもいいという人間ほど強いものはない。

と締めくくりました。

 

発信力がある人間が
保身や利害関係を気にせずに暴言を吐く姿は
スリリングで面白いですね。


でも当事者、関係者の人たちからすると
めちゃくちゃめんどくさい人。


本音で生きる久米さんのような生き方は
魅力的ですね。

その域に達したら
自分も真似したいと思います(笑)


3年後のオリンピック・パラリンピックが楽しみですね!

 

【必読】お盆休み熱中症対策!知識と対策は万全ですか?

 

f:id:furuchin:20170810184619j:plain

今朝は涼しいですね!
現在横浜は23度。今日はとても過ごしやいですけど
夏は本番を迎え、すぐにくらくら&汗だくだくの日々が始まります。

 

ということで、

会社に横浜市から熱中症啓発のチラシが届いたので
シェアしますね。

 

 

熱中症は他人ごとだと思っていたので
気にもしていませんでしたが
症状や重症度によっていろんな症状があるんですね。

 

昼間に外出して少し歩くと汗が止まらない時がありますが
これは軽度の熱中症の可能性もありそうです。

 

僕もすでにアラフォーなので
体調を過信しないほうがいいかもしれませんね(笑)

 

f:id:furuchin:20170810184625j:plain

熱中症は予防が大切。
確かにそうですよね。

 

今でこそクールビズが当たり前になりましたが
一昔前はネクタイをきっちりと結び、スーツの上着も着用。

 

今思えば拷問のような時代もあったんですよね。
いい時代になりました。

 

f:id:furuchin:20170810184628j:plain

このチャートを見て思ったのが
「いきなり意識の確認?」ってことです。

 

意識がなくなっちゃた緊急事態ですね。

 

仮に意識があったとしても
めまい・失神、嘔吐、痙攣など
重度になるとかなり危険。

 

体を冷やして水分補給。

 

これは対処法として必須の知識ですね。

 

 

f:id:furuchin:20170810184631j:plain

高齢者は暑さを感じにくく、のども乾きにくい。

 

小さい子供は地面に近いので
実は大人よりも何度か暑い環境にさらされている
ということも言われてみないとあまり意識しません。

 

高齢者と小さいこともに対しては
一般の大人とは違うってことを抑えておきましょう。

 

f:id:furuchin:20170810184637j:plain

f:id:furuchin:20170810184615j:plain

日本の高齢化率は27.3%(3,459万人)。
※65歳以上の高齢者人口が総人口に占める割合のこと。
※2016年10月1日現在

 

65歳以上の人が100人中27人いるのが
現在の日本なんですよね。

 

もちろん年々高齢化率は増えていくので
老人についての基礎知識もあったほうがいいですね。

 

高齢者は
のどの乾く感覚が鈍くなる
暑さに対する感覚が鈍くなる
発汗機能が低下する

成人とは全然体の状態が違うんですね。

 

成人の体内の水分量が60%なのに対して
高齢者は50%。

年齢でこれだけ変わるとは知りませんでした。

 

確かに、成人よりも水分量が少ないわけですから
発汗機能が成人と同じレベルであれば
体内の水分量が減ってしまいますね。

 

健康な成人は(健康だと過信している人を含む)は
熱中症なんて高齢者か不健康な人がなるもの
という認識でしょう。

 

そんな風に思っている人が多いのでないでしょうか?
僕はこの資料を読むまではその一人でした。。。

 

もちろん高齢者や体調がすぐれない方は熱中症になりやすいですが
健康な成人も厚着で汗だくになり水分補給をしないで
休憩もしない状態を続ければ、いつ熱中症になるかわかりません。

 

たまには役所が提供してくれる様々な資料に目を通し
普段気にしない情報に触れることも大切ですね。

 

■熱中症の予防法

日傘・帽子
涼しい服装
こまめな水分補給
こまめに休憩
日陰を利用しこまめに休憩

 

この予防法を実践し
老若男女みんなが夏を謳歌したいものですね!

【歯科医選定法】もうこれ以上、歯を削らないで!

f:id:furuchin:20170803181507j:plain

古屋さん、虫歯ができてますね。
これは削ったほうがいいです。。。


そういわれて、私は歯医者を変えました。


ーーー


歯を削るように勧められたのは
もう3年以上定期検診をしてきた歯医者さん。

 

とても良い歯医者さんで
歯石落とし、クリーニングに一時間くらいかけて
念入りにしてくれるのが魅力でした。


そんなよい歯医者さんだったのですが
三か月ほど前に軽度の虫歯を指摘され、
削ることを勧められました。

 

定期検診が終わり、
「では次回の(歯を削る虫歯治療の)予約はどうしますか?」

と言われ、
その場では予約を取らず、回答を持ち帰りました。


3年も定期的に通っていると
その歯医者さんの言うことならすべて正しい
そんな風に思いがちでした。

 

ただ、同じような軽度の虫歯を発見され
削る治療をしていただいたのですが
その後、食事のたびにそこに食べ物が詰まるようになりました。


それもありできる限り歯を削りたくない思いが強くなり
他の歯医者さんで見てもらうことにしました。

 

ーーー

相談に行った歯医者さんでは
現状と思いを伝えました。


●行きつけの素晴らしい歯医者さんで
歯を削る治療を勧められている。

●その歯医者さんで現状と同レベルの
軽度の虫歯で治療をした個所に
食べ物が詰まるようになった。

●できる限り歯を削りたくない。
削らなければならないレベルなのか?

ーーー

この三点を確認しました。


カウンセリングの後は
口内の写真撮影、レントゲン撮影。

そのデータをPCに落とし込み
モニタで現状を説明してもらいました。


その歯医者さんの判断としては
「確かに虫歯の可能性はある。でもレントゲン写真では虫歯と判断できるほど黒くなっていない。経過を見てみないと何とも言えないが、早急に歯を削るレベルではなく様子をみてみてはどうか」


このようなコメントでした。


そしてもう一つ興味深い話を聞けました。


それぞれの歯科医によって
虫歯治療のポリシーや技術は異なります。

古屋さんの状況で歯を削ることを勧めるのが
一概に悪い判断とも言えません。

小さな虫歯と疑われるレベルでもすぐに削って
悪化を最小限にする考えもあれば


虫歯が確定していない状況であれば
できる限り歯を削ることは避けて
経過を見ていくという考えもあります。

 

それは一つの歯科医の中でも
ドクターそれぞれ考えが異なる場合もあります。

 

言われてみれば当然ですが
歯医者さんも人間。

治療ポリシー、技術、経験、年齢などなど
人それぞれです。

 

幸いなことに歯科医は全国にあふれかえっています。


Wikipediaによると
平成22年度調査で初めて歯科医師数が10万人を突破
東京都内では1日1軒のペースで廃院
コンビニエンスストア店舗数より歯科医院数が多い
※コンビニ数の1.6倍、2011年
※日本医師会によると2014年の歯科診療所数は68,592


これだけ歯医者さんは飽和状態なので
患者側にとっては歯医者さんを選び放題です。


お勧めの歯科医選定法は
いくつかの歯医者さんに定期健診で通院して
比較検討することです。

 

現在通院している歯科医では、クリーニング後に以下の書類をくれました。

f:id:furuchin:20170803181548j:plain


定期健診でクリーニングしてもらう中で
技術力やカウンセリング力の比較ができます。

あとは虫歯を指摘されたときに
自分の理想と異なる提案をされたときには
他の歯科医でカウンセリングを受けることです。

 

例えばA歯科で歯を削るように指摘されたら
B歯科で削らなければならないのかを確認する。

そんな感じですね。

 

身近に医療従事者がいない人からすると
歯医者さんは権威のあるドクターだと思うかもしれません。

でも、業界の現状としては
患者は歯医者さんを選び放題という現実があります。


だから、自分の納得のいくポリシーや
先生を積極的に探してみてはいかがかと思います。


歯は命ですからね~。

【衝撃!】デブで顔が汚ないお前に何で文句言われなきゃならないの?

f:id:furuchin:20170724192809j:plain

新宿に向かう電車内で
衝撃的な会話を聞いてしまいました。

7月24日(月)お昼の12時を回った頃です。


私服でラフな格好の男性二人組。

1人は身長180センチくらいの中肉中背(A氏)
もう1人は身長165センチ80キロくらいの小太り(B氏)


僕の右隣にA氏が座ってから
2人のバトルは始まりました。

座席はどこも埋まっていてたため
A氏が座り、B氏は座れずに立っていました。

 

バーベキューの買い出しに行っていたと思われる2人は
両手に肉や野菜、ビールなどを大量に買い込んでいました。


A氏が座るとB氏は不満気。

 

B氏
何でお前が座るんだよ〜

A氏
俺の方が年寄りだろ。

B氏
・・・


同期だと思われるが
年齢はA氏のほうが年上のようです。

2人とも30歳前後だと思います。


B氏
お前の腕汚ねぇなあ〜、
皮向けてボロボロじゃん。

 

A氏は全体的に日焼けをしていて
腕の皮がむけていました。

 

A氏
うるさいなぁ。

B氏
ほんと汚いね。

 

そこからA氏は反撃をします。


A氏
デブのお前に何で言われなきゃいけないの?


えっ、耳を疑いました。

ぱっと見はジェントルマン風の30歳程度の
長身の男がこんなことを。。。

 

B氏
関係ねぇーだろ。


それでもA氏は繰り返します。

 

A氏
何でデブのお前に言われなきゃいけないの?


B氏は笑ってごまかします。

 

B氏
だから関係ないだろ。

 

ここで終わるかと思いきや
次の展開に。


A氏
何で顔が汚ないお前に言われなきゃいけないの?


嘘でしょ?

耳を疑いました。

 

確かにB氏はイケメンではないものの
とんでもなくブサイクというレベルでありませんでした。

でもまあ、どちらかというと
イケメンではないタイプではあります。

 

僕はB氏の顔をじっくりと見ていませんが
もしかしたら、ニキビ跡とか、傷跡とか、大きなシミとか
そういう状態だったのかもしれません。


B氏
関係ないだろ!


B氏がイラついています。


A氏
顔の汚いお前より
俺の皮むけた腕の方がよっぽどましだろ?


淡々と、諭すかのようにA氏は話します。


B氏
うるさいよ!失礼だろ!


A氏がトドメの セリフを言いました。

 


A氏
デブで顔が汚ないお前に
何で文句言われなきゃならないの?


デブで顔が汚ないお前に
何で文句言われなきゃならないの?


こう二回言うと
横浜駅に到着し2人は降りて行きました。

 

 

降りる前にB氏がか細い声で言った言葉。


B氏
それはいじめだよ。。。

 

 


2人は酔っ払っていたわけでもなく
これから楽しく酔っ払うバーベキューの開催前(たぶん)。


元々社内で相性の悪い2人が
買い出しメンバーになってしまったのか。

B氏はA氏の逆鱗に触れる何かを
言ってしまったのか。


それはわかりませんが
あまりにもA氏の言葉の暴力が激しかったです。


仮に無二の親友というくらい仲が良いからこその発言だとしても
B氏は完全に凹んでいました。

 

元々仲が良くない2人だったとしても
度がすぎる発言です。


基本的には変えられない容姿のことを
とことん見下しているのですから。


汚くむけた腕の皮はそのうち元に戻るので
B氏の指摘と、A氏の指摘は根本が異なります。


あのあと2人は
楽しくバーベキューをすることができたのか?

会社で今まで通り仕事をできるのか?


他人事ながら
気になってしまいました。


口は災いの元。
親しき仲にも礼儀あり。


どんな相手にも誹謗中傷はせず
楽しくコミュニケーションを取りたいものですね。

反面教師!相手によって態度を変えるべきでないと気が付く事例

f:id:furuchin:20170719165728j:plain

「このハゲ~~~~~!」

最近では幼稚園や保育園で
園児が相手をからかう時に使う流行語のようですね(笑)


相手によって態度を変える代議士と言えば
豊田真由子さんですが
世の中のあらゆるところにこういう人は存在します。


人間関係がある相手へのケースもあれば
初対面や面識が無い人間関係でも
相手に対して豹変する人がいますね。

 

先日、あるお店に仕事の電話をした時のこと。


古屋:
もしもし、お問合せ頂いた件で電話した古屋ですが、
●●さんはいらっしゃいますか?

女性:
どちら様ですか?

古屋:
●●の古屋と申します。
●●さんはいらっしゃいますか?

女性:
どういったご用件ですか?

古屋:
●●の件です。

女性:
えっ、そんな話し知らないけど。
何の用なの?(罵るような強い口調)

古屋:
(・・・。何でタメ口?営業電話と勘違いか?)

お問合せ頂いたので電話したんですけど。。。


女性:
あっ、あの件ですね。
ちょっと質問があったんですけど、やっぱり結構です。

ーーー

会社に問合せの電話をこの女性から頂いたのですが
おそらく僕の電話を営業電話だと思ったらしく
とても感じ悪く電話対応されちゃったんです。


普段、いろんな業者さんから
電話営業を受けているのでイラツイているんでしょう。

でも、自分が問い合わせしてその折り返しの相手に
営業電話と勘違いしてタメ口&強い口調で話しちゃうのは
この方の人間性が出ちゃってますよね。

 

FAX広告を出すときがたまにあるんですが
その時の反応も相手の人格が出ます。

もちろんFAX広告を受ける側の方で
不快な想いをされている方がいるのもわかります。

その為、FAXを送らないで欲しい旨の連絡を受けたときには
すぐに送信先リストからの除外設定をしています。


そんなFAX広告でこんな事がありました。

ファックス用紙一面に手書きで
「迷惑!もうFAXを送ってくるな!」

文字からも不快な様子が見て取れます。

宣伝行為なので「ごめんなさい」と思いつつ
こんな返信して大丈夫なのか?
って思っちゃうこともあります。


なぜなら、そのような怒りのFAXを返信しているのが
誰(どこの店)なのかがわかっているからです。
もちろんこのFAXを送っている方もそんなことは承知だと思います。


でも冷静に考えるとこの方は客商売をしている方で
僕の知り合いやその関係者で
その店のお客さんがいないとも限りません。


興味本位でこの方のサイトを見てみると
ブログが見つかりました。

一人でネイルサロンをしている方のようで
お客様へのメッセージが書いてありました。

「お客様へ最上級の接遇で対応します」
「ネイルをし美しくなることで、心を楽しくそして穏やかに!」
「自分にまつわる全ての人たちのお陰で私は生きています。」


というようなコメントが。


こんな方でも
裏ではA4一面に怒りの「迷惑!もうFAXを送ってくるな!」
っていう言葉を書いてFAXを送ってくるんですよね。


ーーー

電話やFAX等では
相手の顔が見えないために
イラツイちゃうんでしょうね。


実は僕も同じ様なことを
たまにしちゃいます。


この方々のようにタメ口にはなりませんが
イラつきが出てしまうことがあります。


それは、電話サポートの対応です。


パソコンが壊れた時に
カスタマーセンターに電話して
対処法を相談するときなどです。


その原因を考えてみると
まず、担当につながるまでに
長いと30分とかそれ以上待たされる。

次につながって話しても
すぐに解決できるケースが少ない。

解決しない場合には
調査後改めて連絡すると言われる。

 

待つ、解決しない、待つ。。。


顔が見え合い相手と
この流れになるとどうにもイラツイてしまいます。

人間ができた人は
そんなときでも穏やかに対応するんでしょう。


だって、イラツイたからって
パソコンが直るわけではないですからね。

 

ってことで
人間には表と裏がある。


豊田さんも言っていましたね。

「物事にはウラとオモテがあるの!」

 

表の顔も裏の顔も
両方共、自分自身。

表も裏も
できた人間になりたいものですね。


イラツキやすい方は
要注意ですね!笑

新潟駅のタイ古式マッサージ店で人材を集めるための法則を発見!

f:id:furuchin:20170711215238j:plain

「いやー、素敵な空間ですね!」

これが僕がお店を訪問したときの第一声でした。

 

6月に仕事の新規案件で新潟県某市に用事があり
新潟駅に行く機会がありました。

 

f:id:furuchin:20170712094709j:plain

上越市、長岡市は行った事はあるんですが
新潟市は記憶が確かなら初上陸。

 

初上陸の土地ってワクワクしますよね。

 

仕事の用事が済み新潟駅に昼過ぎに着くことがわかり
ダメ元でTさんに連絡をしました。


新潟市といえば僕の中ではTさん
(エステ、タイ古式マッサージを数店舗経営する女性オーナー)


都内やバッタリ桜木町で会ったりと
いつも会うのは僕のホーム。


今回はTさんのホームで、
しかもお店を見れるので期待に胸を膨らませ
訪問させてもらいました。

 

企業も入居しているようなビルの中にお店があり
エレベーターを降りると。。。


こんにちは!

 

逆光でよく顔が見えなかったのですが
Tさんから声を掛けていただき
久しぶりの再会でした。

f:id:furuchin:20170712094736j:plain

 

f:id:furuchin:20170711215941j:plain

店内に入るとそこはまるでタイ。
※タイに行ったことはないけど想像です。笑

f:id:furuchin:20170711220009j:plain

f:id:furuchin:20170711220027j:plain

f:id:furuchin:20170711220044j:plain


とても素敵な雰囲気で
オーナーさんの想いやこだわりが
感じられるお店でした。

 

f:id:furuchin:20170712094824j:plain

f:id:furuchin:20170712094837j:plain


実際にタイにも赴く方なので
本当にタイ古式マッサージが好きなんだと思います。

 

お店を一通り見学し
隣のOfficeに異動。


何で新潟に来たんですか?
新潟駅周辺の人ってなまりがないですよね?

などたわいもない話をしつつ
お互いの近況などを話しました。


Tさんは東京に行く予定があり
僕も東京に戻るので、同じ新幹線に乗り
東京へ。


約二時間新幹線に乗っていたのですが、
驚くべきことがありました。


それは、、、

2時間一度も会話が途切れること無く
サロンのお話や僕のサロンさん向け新メニューの話などで
あっという間に新潟から東京まで着いてしまったのです。


気持ちよく会話が続く方って良いですよね。


新幹線の中で話題にも出たのが
「良い人材が集まってくる」ってことでした。


なぜか?

って考えてみたんですけど
2つの大きな魅力が要因だと思いました。


もちろん、1番はオーナーTさんの魅力ですが。笑

 

それ以外で言うと
1.立地
2.サロン空間(内装・装飾など)


立地は新潟駅からは少し距離があるものの
ホテルオークラや信濃川・万代橋、の近くで
銀行や企業なども多い地元の方の評価が高いエリア。

f:id:furuchin:20170712094858j:plain


サロンの空間はブラウン調で統一され
タイを連想させるような小物がどころどころの飾られ
「タイ古式サロン」に来た感を得られます。

f:id:furuchin:20170712094813j:plain


働くスタッフさんは面接の時に
お店に来て店内も見るので
立地とサロン空間を目の当たりにします。


おなじ施術者として働くなら
素敵な店で働きたいと思うもの。

立地とサロン空間の良さが
優秀な人間を引きつけるんですよね。


初めての新潟駅上陸、
そしてTさんのサロン訪問から2時間の新幹線内談義。

とても充実した1日でした。

 

どんな店か気になりますよね。
気になる方はこちらを御覧ください(笑)↓

www.namjai.jp

ぶっちゃける?スカイプ打合せ(電話打合)の意外なメリット

f:id:furuchin:20170705203852j:plain


最近では当たり前となっている
スカイプ(Skype)での打合せ。

先週、ビジネスパートナーとスカイプをしたのですが
普段の対面打合せとはまた違った有意義な時間でした。


というのは、
普段よりも本音トークをしてくれた!

と感じたからです。

 

スカイプはテレビ電話のように画面を見て
相手の顔を見ながら話をできます。

一方で画面を見ずに
音声だけでの会話も可能です。


僕はどちらかと言うと音声のみのほうが集中できるので
挨拶時は画像で顔を見て、その後は音声のみにすることが
多いです。


で、先日もその流れで打合せを進めました。


その方とは何度も対面で打合せをしてきた方ですが
今回はいつもよりも突っ込んで意見を色々くれました。

 

そこで感じたのが、
「対面でないほうが本音や突っ込んだ話が出来るのかも」
ってことです。


つまり
スカイプにはぶっちゃけさせる効果がある?
ってことです。


普段は専門的な話以外は僕の構想を聞いてくれて
その構想に対しては特別意見されたことは
今までほとんどありませんでした。


でも先日のスカイプ打合せでは
僕の構想や現在の進捗状況などに対して
色々な切り口から意見をしてくれたんです。


思わずこう言ってしまいました。
「そういう風に色々と意見を言ってもらえると嬉しいです!」


そんなことがあり、
顔を見ないコミュニケーションは
時と場合によっては相手の心を開くのでは?

と感じたのでした。

 

でも逆に、
今思ったのですが、、、

もしかしたら対面打合せの時に
意見をしづらい空気を僕自身が作っているのかもしれない。。。


そんな風にふと思ってしまいました。

 

対面ですと表情や身振り手振りもあるので
そういう動きが知らず知らずのうちに相手を萎縮させて。。。


そんな事考えてたら
話なんかできませんが。笑


でもその可能性もあるので
意識はしていきたいと思います。

 

f:id:furuchin:20170705203841j:plain

 

相手との関係や相手のタイプなどにより
必ずしも「顔を合わせた会話」が最も良いとは限りません。

もちろん時と場合にもよります。


だから、メール、電話・スカイプ、テレビ電話、対面
などいろんな方法でコミュニケーションを図ることが
大切ってことなんですよね!


スカイプ未体験だという方は
是非使ってみて下さいね。