ふるちんのブログ_株式会社コネクションズ代表の個人BLOG

仕事のこと、プライベートのこと、感じたことなどを発信

「海外決済」でのクレジットカードを導入するメリット&デメリット

f:id:furuchin:20180215185231j:plain

 
何事にもメリットがあれば
必ずデメリットもあります。
 
 
店舗等がクレジット決済を導入する際には
国内決済と海外決済のどちらにするかの検討が必要です。
 
 
 
今回は海外決済の主な
メリットとデメリットをお伝えします。
 
 
 
何といっても一番のメリットといえば
「コース契約でも問題なく決済が可能」という点です。
 
 
エステサロンや英会話教室などは
コース契約(前受け金契約)が一般的です。
 
 
都度払いではなく、一定の回数分のサービスを提供する約束をして
その支払いを一括で受領するのが前受け金です。
 
 
 
国内決済だと特定の条件をクリアしないとNGです。
 
 
条件とは
 
 
(エステ)
サービスの期間が5万円以下のコースは、提供期間が1年以内
サービスの期間が5万円を超えるコースは、提供期間が1ヶ月以内
 
(整体・治療院)
サービスの金額が5万円以下のコースは、提供期間が1年以内
サービスの金額が5万円を超えるコースは、提供期間が2ヶ月以内
 
 
 
整体や治療院はもともと
高額契約をする文化があまりありません。
 
その為、国内決済でも多くの場合問題ありません。
 
 
しかし、エステの場合は
20万円~50万円程度の契約は一般的です。
その為、1カ月以内でサービスの提供を完了させるのは困難です。
 
 
 
例えば20万円の契約で施術が12回のコースだったとします。
 
1ヶ月でサービスの提供を完了させるには
週に3回来店してもらわなければなりません。
 
 
これは施術の効果やお客様のスケジュール調整などを
考慮すると簡単なことではありません。
 
 
だから海外決済でコース契約を気にせず決済できるのは
サロンオーナーにとっては大きなメリットとなります。
 
 
 
一方でデメリットもあります。
 
 
それは、、、
 
回収漏れのリスクが国内決済に比べ高いことです。
 
 
 
それはどういうことか?
 
お客さんがお店でクレジット決済をしたとします。
その時点で、お客さんは支払い完了なので
お店はサービスの提供をする義務を負います。
 
 
クレジット決済後、お店は海外決済代行業者から
手数料を引かれた残額が懐に入ります。
 
 
それは設定によりますが
約2週間後とか約1か月後とかです。
 
 
このお店に入金がされるまでの間に
海外決済代行業者やエージェント会社が
飛んでしまうことがあります。
 
 
「飛ぶ」とは会社責任者が行方不明になったり
会社が倒産したりという意味です。
 
 
またこの上に位置する「海外の銀行」が
エージェント会社や海外決済代行業者に
支払いをストップしてしまうことがあります。
 
 
 
どんな時にこのようなことが起きるか?
気になりますよね。
 
 
例えば、加盟店(クレジットを利用する店舗等)の悪徳営業、
顧客のクレームやチャージバック(返金請求)が多発する場合などです。
 
 
「この海外決済代行業者が契約している加盟店たちは危ないな!」
と判断され、まるで連帯責任かのように
他の加盟店の入金までもがストップしてしまうのです。
 
 
こんなケースは数年に数社が引き起こし
多くの加盟店が未回収という状況になっています。
 
 
もちろん全ての海外決済で
このようなことが起こるわけではありません。
 
 
ただ、定期的に発生していることは事実なので
この未回収リスクが高いことは大きなデメリットだといえます。
 
 
 
海外決済のメリット
→コース契約でも問題なく決済が可能
 
海外決済のデメリット
→回収漏れのリスクが国内決済に比べ高い
 
 
 
これをぜひ意識していただければと思います。

クレジットカード決済導入は国内or海外決済代行業者のどちらにすべき?

f:id:furuchin:20180213201103j:plain

 
クレジットカード決済を導入する際に
国内決済代行業者と海外決済代行業者のどちらにすべきか
判断に困ったことはありませんか?
 
 
特にエステや結婚相手紹介サービスなど
「特定継続的役務提供」の対象となる業種の場合は
国内か海外かどちらか悩むと思います。
 
 
国内だとコース契約(前受け金)が決済できないし、
海外だと嫌な噂を聞くし。。。
 
 
国内と海外とでは
サービス内容やクレジットカードブランドとの
取引形態が全然異なります。
 
 
そこでまずは両者のことについて
取引に関係する会社と構図をみてみましょう。
 
 
 
■国内決済代行業者
 
ブランド(VISAなど)
国内カード会社(三井住友カード株式会社など)
国内決済代行業者
加盟店(導入店舗など)
 
 
■海外決済代行業者
 
ブランド(VISAなど)
海外の銀行
(エージェント会社)
海外決済代行業者
加盟店(導入店舗など)
 
 
大きな違いはブランドと決済代行業者の間に入る会社が
国内カード会社か海外の銀行なのかという点です。
 
 
国内のカード会社は
加盟店の審査が厳しいのが特徴です。
 
加盟店が消費者に悪意があることを行ったり
決済が終了し入金後に、消費者にサービスの提供をせずに
倒産や蒸発してしまうことがあるからで。
 
そんなことになればカード会社は
消費者に補填が発生する可能性もあります。
 
さらにブランドから取引の終了や
取引条件の悪化などの可能性もあります。
 
 
一方、エージェント会社は審査が緩いです。
海外決済代行業者にお任せです。
 
その為、加盟店が不正や消費者にサービスの提供を怠ったりすると
悪さをした加盟店以外の代理店にも、入金がされない場合があります。
 
 
カード導入者としては
国内だと審査が厳しく、前受け金契約が決済できない。
 
海外だと審査は緩く前受け金契約も決済できるが、
入金されないリスクが国内に比べ高い。
 
 
クレジットカード決済導入は
国内or海外決済代行業者のどちらにすべきか?
 
お勧めなのは両者の営業マンの話を聞くことです。
 
上記の構図を認識したうえで、
国内と海外決済代行業者の違いを包隠さず
話してくれるかを是非確認してみてください。

エステのクレジット導入が難しいのは、特定商取引法が原因だった

f:id:furuchin:20180210190708j:plain


エステサロンを開業する際には
クレジットカードをお客様が使える体制を構築すべきです。


いろいろなデータがありますが
支払いが5万円以上など高額になると
現金よりもクレジットカード決済が増えるからです。


クレジットカード決済を導入しようとすると
国内決済代行業者だと、基本的には
コース契約などを決済できません。


なぜかというとクレジットカード会社に
大きなリスクとなってしまうからです。


エステは「特定継続的役務提供」の対象となる業種です。

特定継続的役務提供とは
「役務の提供を受ける者の身体の美化または知識もしくは技能の向上その他のその者の心身または身上に関する目的を実現させることをもって誘引が行われるもの」かつ「役務の性質上、規定する目的が実現するかどうかが確実でないもの」と定義されています。


まさにエステサロンそのものですね。。。


ちなみに語学教室、家庭教師、学習塾、結婚相手紹介サービス、
パソコン教室も対象となっています。

 


少し前の話ですが
大手英会話教室が会費を前受け金としてお客様からお金を頂き
その後英会話の授業を提供できずに倒産してしまったことがありました。

まさにこのような時に消費者がカードで支払いをしていると
倒産してしまった業者に代わり、カード会社が消費者に
補填をする可能性も出てきます。


このように、サービスの提供が終わっていなのに
終わった分まで前払いでクレジットカード決済をすると
カード会社はとてもリスクがあるんです。

 

特定継続的役務提供の場合は、販売方法にかかわらず
クーリングオフができると定められています。


クーリングオフが発生すると
エステは消費者にお金を返金しなくてはなりません。

この時の支払いがカード決済だった場合
仮にエステサロンが返金できないとなると
カード会社が返金対応をしなくてはならないかもしれません。

 

まとめるとエステは
クーリングオフ対象業種のため返金リスクがある
前受け金契約をしてサービスの提供が滞ると返金リスクが発生する
ということになります。


だから一般的にクレジットカード会社の審査は
年々厳しくなっているといわれています。


ではエステサロンはクレジットカードを
導入できないのか?


もちろんそんなことはありません。
海外決済代行業者はエステなど導入が難しい業種に
営業に力を入れています。


エステサロン経営者向けの媒体では
海外決済代行業者が頻繁に広告を出しています。


カードの審査が厳しいのに
なぜエステに営業を掛けるのか?


それは多くのエステサロンが国内決済代行業者で契約ができず
その受け皿として海外決済代行業者の存在があるからです。


次回はそのあたりを説明してみますね。


ということで
エステのクレジット導入が難しいのは
特定商取引法のクーリングオフが原因でした。

あなたの店舗用クレジットガード決済は、必ず入金されますか?

f:id:furuchin:20180128160814j:plain


代行業者が飛んじゃって
ガード決済の売上●●●万円が回収できなかった。。。


そんな話をよくエステサロンさんから聞きます。

 

消費者側の事例でいうと

着物販売レンタル「はれのひ」がやらかしましたね。
篠崎洋一郎社長(55)は26日に記者会見をしましたけど
成人式直前まで営業を続けたにもかかわらず
当日には着物の提供をせず雲隠れしてましたね。


少し前だと格安海外ツアーの旅行会社「てるみくらぶ」。
前払いでツアー代金を支払ったものの、購入者が旅に出ると
「航空券の発券システムが利用できない」「ホテルの予約がキャンセルされている」など、
9万人にサービスの提供をしなかった件もありました。

 

自分が消費者の立場でこんなことに巻き込まれたら
なんともやりきれない気持ちになりますよね。

 

一方、事業者であればお客様に商品の提供やサービスの提供をし
お客様もお支払いをしてくれたのに、
貰えるはずのお金が手に入らないのと一緒です。


実はクレジットカード決済の世界では
度々こんなことが起こっています。

 

例えばお店が30万円の商品やサービスを提供し
お客様がクレジットカードで決済したような場合。


お店はお客さんから直接お金はもらわず
クレジットカードの決済代行業者やクレジットカード会社から
入金をしてもらいます。


そこで起こるトラブルが
前記の業者からお店に入金がされないケースです。


お客さんは決済が完了しているのに
お店には入らない。


これば前出の業者が倒産したりオーナー(社長)が雲隠れして
支払いをしない、という場合に起こります。

 

どうすればこのような事を防ぐことができるのか?


そのためにはまずクレジットガードの仕組みや
基本的な知識を学ぶことが大切です。

 

海外決済代行業者と国内決済代行業者の違いは何なのか?
なぜJCBは導入が難しいのか?


など基本を押さえた上で
選定する事をお勧めします。

 

決済手数料が安いから
導入まで数日で完了するから
初期費用や月額費用が掛からないから

などの理由ですぐに飛びつくのは
お勧めできません。


いくら決済手数料率が低くても
代行業者が飛んじゃって入金されければ
元も子もありませんので。

 

という事でこれからポイントを何回かに渡って
お伝えしていきたいと思います。


今回のポイントとしては
「基礎知識を学んでから契約する」です。


その上で、適切な決裁代行業者を選定し
「うちの店舗用クレジットガード決済は、必ず入金される」
と判断した上で契約されることをお勧めします。

 

51歳?日本代表インテル長友佑都がホレる男、キングカズの凄さ

Number(ナンバー)922号 三浦知良、50歳 まだやるよ。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))


キングカズ(三浦知良)が2018年1月11日に
横浜FCとの契約更新をした。

51歳のシーズです。


2月にはFC今治とトレーニングマッチを実施。

実はこの試合では因縁の相手と。。。


ピンとくる方は結構サッカー好きですね。
そうなんです、FC今治といえば20年前にキングカズを
日本代表から外した岡田監督が率いるチームなんです。


「外れるのはカズ、三浦カズ」


この出来事から早くも20年が経っているというのもに
結構衝撃です。

 

当時の岡田監督の年齢は41歳。
現在の僕と同い年。


岡田さん、すごい決断をしたなぁ、、、
ある意味リスペクトです。

 

そんなカズをリスペクトする男がいます。


日本代表&インテルの長友佑都選手です。


カズは20歳年下でサッカー界の後輩にあたる
長友に対して敬語を使うんだそうです。


「長友さん」


カズはそう言うのだそうです。


長友の出身大学である明大でトークイベントをした際に
長友選手はこう言ったそうです。


一緒に食事に連れて行っていただいたりしますが、
あんなにビッグで偉大な方なのに僕のことを『長友さん』と呼ぶし、敬語なんです。
恐れ多いんですけど、誰に対してもそんな感じ。
あそこまで人間できている人がいるのかな。

 

カズってどこまで凄いんだ?
って思うエピソードでした。


日本は儒教の国といわれ
年長者や高齢者に敬意を払う文化があるといわれています。

西洋の年齢にかかわらず相手によって
敬意を払うに値するかを判断する文化とは異なり
「年上」というだけで敬意を払わなければいけない文化です。


だからかもしれませんが
まだまだ日本人は年長者は年下から敬意を払われて当然という
雰囲気があり、実践している人も多くいます。


同じ儒教の国である韓国では
このような風潮が変わりつつあるようです。

 

相手が年長者というだけでは
敬意を払わない(払いたいと思わない)という空気が
流れているようです。


日本でも実は同じだと思います。

 

例えば老人ホームではヘルパーは老人に
子ども扱いの話し方をします。

 

「良くできたねー」「偉いねー」

 

高齢者を相手する看護師もそうです。


人間心理の根底には
本来は敬意を払うか否かは相手の年齢ではなく相手によって判断する
現われなんだと思います。


文化や宗教は大切ですが
生物学的に見れ基本的には若いほうが
優れているのは間違いありません。


昔は高齢者比率が少なく
存在自体が希少価値があったというのも
大きな理由だと思います。

 

でも今は高齢者比率が高くなり
逆に若者比率が低い時代。


つまり高齢者は
日本における年齢比率という意味では希少価値がなく
若者に希少価値がある時代なんですよね。


だから今後の日本でも
徐々に相手が年上や高齢者だからということで
無条件に敬意を払う空気は薄くなるのではないかと思います。

逆にもし無条件敬意を払うのであれば
相手の年齢に関係なく相手がどんな人間なのか、
もしくは今とは真逆で若い人間が無条件で大切にされる。


それが自然なのでないかと思います。


そこでキングカズの凄さ。


儒教の国の人だけでなく、
南米やヨーロッパなど多くの国で生活し
そして遠征などで様々な文化に触れています。


ディスるわけではありませんが「喝!」とか言ってるドメスティックな
昔活躍した高齢者の元プロ野球であれば間違いなく
「おい!長友!」って呼んでいるはずです。


キングカズからしたら20歳も年下の若造なんて思ってなくて
インテルで6年間も活躍している一流選手としか見ていなんでしょう。

 

つまり年齢ではなく
相手を見て敬意を払っているんだと思います。

 

カズほど日本で脚光を浴び
スターだった人間は少ないと思います。


そんな彼がこれだけ謙虚なんですから
ホントに身の引き締まる思いになります。


カズさんのように年齢を重ねるほどに
若者に敬意を払える人間になることが
儒教の国日本では、先端の考え方かもしれませんね。

 

中田英寿がゴルフでドライバーを使わない理由が深い!

f:id:furuchin:20180110171146j:plain


自分に圧倒的な自信がある人は
言うことが違うな!


昨日YouTubeを見ていて
中田英寿さんのコメントに関心させられました。


デサントゴルフのタイアップで
中田英寿 スイングタイムラインという企画があります。

http://descentegolf.jp/category/TIMELINE_STORY/

 

中田英寿さんが本気でゴルフに取り組み
それをSNSを活用してドキュメンタリー形式で
紹介していくコンテンツです。


その中の動画を見たのですが、
彼はドライバーを使わないという話をしていました。


それはなぜか?


理由がとても深いものでした。


趣旨としては
一般的に当たり前のことが必ずしも
自分に合うとは限らないからということでした。


それをサッカーに例えて話していたのですが
サッカーをやっていた自分としては
とても分かりやすい話しでした。

 

サッカーボールを蹴るときには
いろいろな蹴り方があります。

足のどの部分にボールを当てるか
ということなんですが。


インサイドキック
インフロントキック
インステップキック
アウトフロントキック
アウトサイドキック

などの呼称があります。

 

基本中の基本で正確にボールをけれるのが
インサイドキックといい、足の内側の面を使います。

くるぶしと土踏まずがある間の面といえば
何となくわかるでしょうか。


ゴルフクラブでいうと
パターのような感じです。

 

彼は子供のころから徹底的に
インサイドキックにこだわっていたとのことでした。

プロになってからもインサイドキックを
重要視していたとのことです。

確かにロングパスでも
インサイドキックで蹴っていた印象があります。

 

インサイドキックはパターみたいなものなので
正確だけど飛距離は他の蹴り方に比べて伸びにくい。


でも彼はこのようなことを言っていました。


人それぞれ身長や体重、体格や特徴が異なる。
だから誰もが同じ一般的に良いとされることを
することが必ずしも良いとは思わない。


だから僕はドライバーを使わずに
アイアンを使うんです。

 

こんなことをプロゴルファー相手に
話していました。

 

サッカーの世界で圧倒的な結果を残し
日本歴代の選手の中でも最も評価が高い一人。


納得させられます。

 

仕事や日常生活では
よくこんなことを聞きませんか?


早起きは三文の徳
できる人は早朝に起きる
朝活で人生が輝く
午前中に一日の仕事を片付ける

など。


良く自己啓発系やできる経営者の書籍に
書いてある内容ですよね。


僕もこれには
「たぶんそうだろうな」と思いつつ
なかなか実践ができません。


昔はチャレンジしたこともあるんですが
長続きしません。


そしてある時気が付いたんです。
僕は基本的に夜型人間だなと。


正確にはややロングスリーパー体質。


なので朝一の予定がなければ
結構朝はゆっくりしています。

 

一般的に良いといわれていること、王道といわれることが
必ずしも自分にとっても同じとは限りません。


時には自分流で物事に取り組むことも
重要かもしれませんね。

【深夜3時@新宿】イケメン社長に気付かされた感情の無駄遣いをしないメリット

f:id:furuchin:20171231134847j:plain

 

今日は大みそか、
あと8時間くらいで2017年も終わりですね。


そして2018年の始まりです!

 


数日前、年の瀬にとても恥ずかしく、、、
そして勉強になる出来事がありました。

 

新宿駅で今年始めた某プロジェクトの
親睦会&忘年会が開催されました。

 


そのあと二次会、三次会を経て解散。


そこで同じ横浜方面に帰宅する社長と
タクシーに乗りました。

 

この社長(Yさん)はかなりイケメン。
身長180以上でかつ端正なルックス。
更に低く大きな声。


僕と全然違うタイプの方です(笑)


その社長とのタクシー内で
自分の未熟さとYさんのできた考え方を
痛感させられる出来事がありました。

 

タクシーに乗り目的地とルートを伝えると
ドライバーさんはナビに設定をし出発しました。


ナビに目的地を入れていたので
安心してYさんと会話をしていると、、、

ルートがおかしい。。。


タクシーに乗るとよくあることです。


「あれ?運転手さん、かなり遠回りしてませんか?」

というと、

「すみません。。。」


と言って、ナビを再設定して
運転を再開しました。


その後、路地に迷い込み
行き止まりにぶつかってしまいました。


「このナビ変ですね~~~」


ナビ間違いが2回ありました。

 

内心かなりイラついている僕を横目に
Yさんは穏やかな表情で、僕と会話をしてくれます。


Yさんとの話の節目に、人間のできてない僕は
お酒の勢いもあってか運転手さんのいる前で


「Yさんは本当に穏やかですよね。
僕が一人で乗っててこんなに道を間違われたら
強く文句言っちゃってるかもしれませんよ」


さらりとこんなことを言ってしまいました。

 

この発言自体かなり感じ悪いですよね。
間接的にドライバーさんに
文句言っちゃってるわけですから。

 

僕がこう言った後にYさんはこう言ったんです。


「まあ、イライラしても現状は変わらないですからね~~~」


「確かにそうですね、Yさんは人間ができてますねー!」
と言って、また別の会話を続けました。

 

Yさんの言う通り、
文句言っても目的地に早く着くわけではありません。

それに、ドライバーさんも
わざと間違ってるわけでもありません。

 

つまりイラついていた僕は
感情の無駄遣いをしていたってことなんですよね。

Yさんのように穏やかでいるということは
まさに、感情を無駄遣いしないというメリットですね。

 

お酒が入ると理性が解放されがちなので
Yさんは根が穏やかな性格、考え方なのだと思います。


恥ずかしながら僕は逆だったようで。。。

 

Yさんは内面までイケメンだったんです。

 

2018年はできる限り
イラつかないようにする1年にしよう!

 

と深夜3時に思わせてくれた
新宿発横浜方面行タクシー内での出来事でした。

 

良いお年を!